侵襲性髄膜炎菌感染症の症状や予防接種の値段は?何科の病院で診察できる?

   

 

侵襲性髄膜炎菌感染症という

病気をご存知でしょうか?

 

髄膜炎の病気らしいのですが

人から人へ伝染してしまう病気で

非常に危険な伝染病と

されているようです。

 

そこで侵襲性髄膜炎菌感染症についての

症状や予防接種、その値段など

気になることを調べてみました。

 

Sponsored Links

侵襲性髄膜炎菌感染症ってどんな病気?

 

侵襲性髄膜炎菌感染症ってどんな病気なのか。

まずは簡単に理解していきましょうか。

 

髄膜炎菌と呼ばれる

髄膜炎を引き起こす

ウィルスがいるようですね。

 

健康な人でも鼻の粘膜に

潜んでいるそうですが

そのまま消滅して

治ったり症状が出ない人も多いらしい。

 

基本的には人しかこの菌は

保有できないらしい。

 

そして飛まつ感染が

主な感染経路です。

 

そしてこの菌が口に入り、

血液などから髄液に侵入することで

髄膜炎を引き起こしてしまいます。

 

侵襲性感染症と言うのは本来、

菌がいないと思われる場所で

発症することでこの名前が付きます。

 

ちなみに診断した病院の関係者も

1週間以内に保健所に届出を出さないと

いけないくらい危険な感染症と

されている。

 

10代で感染する人が多いらしく

共同で住んでる寮などが

危険らしいですね。

 

小林市のある高校でも

発生しかなり大きな騒動となったらしい。

 

そして8/2に横須賀市にある

防衛大学校の学生寮で発生し、

ある男子生徒が被害に遭っている。

 

またその周りの学生も

菌を保有していたらしい。

 

侵襲性髄膜炎菌感染症の症状は?

 

潜伏期間は平均4日くらいで発症し、

いきなり症状が出てしまいます。

 

出血したあざみたいなのが体幹や下肢に

でてくるそうです。

 

眼球結膜が赤くなったり、口腔粘膜に出現することも

あるそうです。

 

頭痛、発熱などがみうけられ、

重症化すると、意識障害、痙攣、ショックなどもある。

 

非常に怖いですね。

 

ちなみに手洗い、うがいが

身近にできる予防法らしい。

 

Sponsored Links

侵襲性髄膜炎菌感染症は何科なの?病院で診察できる?

 

基本的には内科でよいとされているらしい。

症状が出場合、風邪がひどくなったと

思いがちですが、

もし急に症状が出たなと感じれば

病院にいくことをおすすめします。

 

まずは内科に行くようにしてください。

 

しかし症状が重症化するので

もしかすると倒れる可能背もあります。

 

周りの方がいればすぐに救急車。

このような症状があるのも

みておくと良いと思います。

 

ただ侵襲性髄膜炎菌感染症は

予防できるらしいのです。

 

急に病院に行くよりかは

事前に予防接種をしたほうがいいね。

 

侵襲性髄膜炎菌感染症の予防接種の値段は?

 

侵襲性髄膜炎菌感染症で検索すると

病院がたくさんありそれぞれで

予防接種を勧めるようなサイトは

たくさんあります。

 

髄膜炎ワクチンを勧められるようです。

これは30年以上前から

導入されている薬です。

 

メナクトラという名前の

薬になるようです。

 

覚えておきましょう。

 

また海外ではまだこの侵襲性髄膜炎菌感染症が

かなり発生している地域もあります。

 

渡航前に接種しておくのもよいでしょう。

 

ちなみに値段については

調査中ですが

そこまで高くないでしょう。

 

数千円くらいではないでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
 

 - ライフハック , , , , , ,