31日間無料トライアル実施中!


KaoRi(ダンサー)経歴や学歴は?アラーキーの写真モデルの扱いに悲鳴をあげた!

こんにちわ、こうじです。

今回ショッキングなニュースが舞い込んできました。

ダンサーとしても有名なKaoRiさんがアラーキーこと写真家の荒木経惟から写真モデル時代にひどい仕打ちがあったと告白したそうです。

これはどういった話なのでしょうか?

KaoRiさんの経歴や学歴とともに話してみたいと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

KaoRiさんの経歴や学歴は?

https://twitter.com/_K__a_o__R__i_/status/951621293329100800
名前:KaoRi

本名:公開されていません

生年月日:公開されていません

出身:公開されていません

職業:ダンサー

所属:ミクロコスモス舞踊研究所

このダンス研究所のHPがありました。

ロシア・バレエ・インスティテュートにてボリショイバレエ学校のロシア人講師に学んだ後、ネオクラシックスタイルのバレエを求めスイス留学をしていたそうです。

フランス・パリの学校に在学中、Coca-Cola USAより若手アーティストのためのスカラシップを得て渡米されており、かなりチャレンジャーな方だなと思いました。

本格的にコンテンポラリーダンスの道へNY・マーサ・グラハム・スクールで学ぶイスラエル・The batsheva dance ensembleで研修後パリ拠点にダンサー、モデル、女優として活動しているそうですね。

帰国後、能を学んだり、CM、PV、映画の振付など芸能界に関わる仕事をする中で活動の幅を広げる現在は、演出・振付・指導を中心に舞踊家、モデルとしても活動。

資格として、

ジャイロキネシス認定トレーナー

バランシングチャクラ認定セラピスト

レイキマスター&ティーチャー 

を持っているそうです。

つまりダンスを心から愛していることは経歴から容易に想像できますね。

これらの中で2001年から2016年までアラーキーの写真モデルをしていたそうですね。

Sponsored Links
Sponsored Links

事の真相は?

話をみてみると、

・報酬の未払い

・契約書が交わされない

・許可無しの撮影と商品販売

などなどあるそうです。

契約書を交わさない時点で何をされてもおかしくはないですよね。

現に報酬は支払われていないそうですし、撮影されたものが勝手に商品化され使われてしまう。

また精神的な仕打ちが精神的なストレスとなったらしく、改善を要求したが解雇されてしまったとの話ですね。

現在は精神的にも落ち着きを見せたので公開に踏み切ったそうです。

公式Twitterを拝見しました。

https://twitter.com/_K__a_o__R__i_/status/980636704905166849

色々なことがあったことをTwitterで拡散されているようです。

#MeTooは以前から話題になっていますよね。

話を抜粋してみたいと思います。

引用元

わたしは2001年から2016年まで荒木氏のモデルを務めていました。その間、私たちの関係は、完全に写真家とモデルで、恋人関係ではありませんでした。家に行ったこともなく、彼の私生活を壊そうとしたこともありません。上の写真は、はじめて撮影された日のもの。さすがに初回は気を使ってくれたのか、ヌードではありませんでした。ダンサーとしてやっていきたいと留学してまで学んだけれど、ダンスカンパニーで踊るのは全然違うかも。と気付いてパリと東京を行ったり来たり。自分だけの表現を見つけたくてぐるぐるしていた若き日の一枚です。今はなき、明治屋の裏にあった六本木のスタジオにて。それからは、スタジオではダンスやヌードや着物姿で、一緒にいるときには、ご飯を食べたり寝たりお風呂に入ったり絵を描いたり、、、どんな瞬間も逃さず撮られるようになりました。

このような状況って当たり前なのでしょうか?

私からしたら異常だと思うのですが、いい写真を取るためでしょうか。

当初、私は撮られるだけで、それがどのように使われて行くかは一切知らされていませんでした。それまで海外で一緒に活動したフォトグラファーたちは毎回、撮影同意書があり、後日撮影したものを見せてくれて何枚かのプリントをくれたり、出版する場合にもその度ごとに同意書や内容確認が求められていました。ロイヤリティーに関して記載があるものもありました。初めてヌードになった時、メイクさんに確認をすると「荒木さんはそういうのないなぁ」「日本ではそれが普通」と言われ、アラーキーほどの人なのだから悪いことはされないだろうと思っていました。今なら、それほどの人に契約書がないのはおかしいと思えるのだけど、まだまだ若く甘すぎた。それで、どんどん仲が深まって、言い出せない関係にまで発展してしまったのが最大の過ちでした。忖度して自分を犠牲にし過ぎてしまった。

なあなあな感じになってしまったこと、KaoRiさんがちょっと優しい性格だったのももしかするとこのような事態を引き起こしていたのかな。

声を出せない状況もあったのかも。

撮影は、報酬を得ていたこともありましたが、パフォーマンスなど、無報酬のことも多々ありました。撮影が終わった後に手渡しされるおこずかいのような報酬以外にはどれだけ時間を拘束されても、私の名前で写真集が出版されても何もなく、自分の生活は全く違うところで稼がなければなりませんでした。とても大変でした。それでも、アーティストがお金の話をするのは恥ずかしい。

こういう性格をみていたのでしょうか。

会社も見て見ぬ振り?

拒否しても「KaoRiを撮ってるんじゃない、俺を撮りに来たんだ」と言われ、やらざるを得ない状況に追い込まれました。それ以外にも、周囲からの嫌がらせや日常的なストーカー行為、インターネット上に勝手に挙げられる映像などを見て信じた周囲からの視線など、常に心を痛めていました。

https://twitter.com/_K__a_o__R__i_/status/951613494968766464

こうなると恐怖ですよね。

もともとアラーキーさんって結構強気に行く性格であることはテレビをとうして感じていましたが、これが本当ならやばいですよね。

Sponsored Links
Sponsored Links

まとめ

もしこれが本当ならこれはやはり異常です。

しかもそれを今まで抱えていたKaoRiさんに同情したいところです。

モデルってやっぱりクライアントのために頑張りたいと思う人、これを成功させたいと無理にでも頑張る人、いろんな人居ると思います。

でもやっぱり自分が嫌なことは声を出して訴えるべきではないのかなと感じました。

今後、モデルの仕事をする人も一旦考えて欲しいですね。

改善されることを祈りたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)