31日間無料トライアル実施中!


松山刑務所大井造船って塀がない刑務所だが日本一厳しいって何が?動画や施設見学は可能?

こんにちは、こうじです。

松山刑務所大井造船作業場からまたもや脱獄者が出たらしいですね。

平尾龍磨という囚人らしいですが。

それにしても松山刑務所大井造船作業場って初めて聞く刑務所です。

なのでむしろこっちの施設のほうが気になりました。

そこで松山刑務所大井造船作業場についてまとめてみようと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

松山刑務所大井造船作業場の歴史は?

松山刑務所大井造船作業場(まつやまけいむしょ おおいぞうせんさぎょうじょう)は、松山刑務所の開放的処遇施設である。
日本で唯一の塀の無い刑務所である。
民間造船所である新来島どっくの新来島どっく大西工場敷地内に存在する開放的処遇施設である。

というWikipedia情報ですね。

受刑者の社会復帰促進を目的としており、ここで軍隊以上の規律正しい生活を送り、仕事は一般作業員と共同で行う。
他にも資格を取る為の勉強をしたり、戒護者を付けず受刑者が自治会を作って受刑者を管理する事で自立精神を育てたりもしている。
そのため炊事、洗濯も受刑者の手によって行われている。
号令や点呼で大声を出し、些細なミスでも厳しく指導を受ける生活で、睡眠時以外は常に緊張を強いられる厳しさゆえに、寮を出て「本所へ戻る」ことを希望する受刑者もいる。
大井造船作業場を出所した受刑者の再犯率は数%と非常に少ないことが特記される。
仮釈放が早くなるという利点があり、刑期が短くなるため、志願する受刑者が少なくない

友愛寮というところでかなり厳しいせいかつを強いられることで日本一厳しいといわれるようである。

軍隊並みというのはかなり緊張しますね。

そのかわり塀がいないということでしょうか?

それをこなせるくらいの囚人なので大丈夫ということになるのかも。

Sponsored Links
Sponsored Links

松山刑務所大井造船作業場の場所は?

このドックの建物がそれに当たるようですね。

たしかに開放感はあるね。

ただ気になるのは中学校が隣なのですが・・・・。

この中学校通いたくないですね。

Sponsored Links
Sponsored Links

松山刑務所大井造船作業場の見学は可能?

おもしろい記事を見つけました。

見学

面会は土、日曜日と祝日に敷居のない部屋で行っている。
友愛寮の定員よりも人数が少ないのは、初犯で刑務所に収容される人間が減少している影響があるため、社会復帰センターと役割が重なっていることも影響している。
大井造船作業所の過去から現在までの脱走者は約20人で「妻に会いたい、子供に会いたい」などの理由から脱走した人もいる。
大井造船作業所に派遣されるのは、厳しい選考に合格した優秀な人達である
資格取得の勉強が充実している。ほとんどの人が仮釈放され、8割が鉄工の仕事、2割は飲食等の仕事に就く。
作業報償金は他の刑務所が月に平均4~5千円、大井造船作業所は月に平均1万8千円くらいである。
友愛寮の刑務官は24時間体制で全部で12名。仕事が厳しいので平均で2年交代、夜勤のときは見回りはしない

見学することはできるのかもしれませんね。
~~~~
善意のコメントで新たな情報がわかりました。

大井造船作業場は見学できます。
毎年秋に新来島どっく(株)の造船所祭りがあり、同時に大井造船作業場の友愛寮の文化祭があります。
新来島どっくの敷地内に出入り自由の日ですから友愛寮にも行けます。懲役達とお話も可能。
詳しくは新来島どっくのホームページで。

調べてみると工場見学をすることができるようで「じゃらん」などでもスポットとして紹介されていました。
~~~~

民間の団体経由で見学できるようなのでいきなり見学したいと言っても出来ないかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


3 件のコメント

  • 大井造船作業場は見学できます。

     毎年秋に新来島どっく(株)の造船所祭りがあり、同時に大井造船作業場の友愛寮の文化祭があります。新来島どっくの敷地内に出入り自由の日ですから友愛寮にも行けます。懲役達とお話も可能。詳しくは新来島どっくのホームページで。

    • コメントありがとうございます。
      そうだったんですね。
      貴重な情報なので記事内にも入れさせてもらいます。

  • 私は過去に大井造船作業場に服役していた者です。
      
     現在のテレビ報道にはかなりのウソがあります。ネット上の書き込みにもウソが散見されます。
    ウソの情報からの、脱走者及び脱走事件への推測、コメントはウソでしかありません。Wikipediaでさえ全て真実ではありません。
     
    真実が知りたいならいつでも質問にお答えします。

     

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)