もんじゅの意味・仕組み・場所…維持費は200億!廃炉の影響は?

   

 

高速増殖炉もんじゅって聞くけど

意味や仕組み、場所って

何かわからなくないですか?

たぶん原子炉関係だと思うんだけど。

簡単に調べて見ました。

 

Sponsored Link
 

高速増殖炉もんじゅとは?意味・仕組み・場所はどこ?由来は?

 

高速増殖炉もんじゅとは

福井県の敦賀半島のところにあります。

日本原子力研究開発機構が管轄している

高速増殖炉というタイプです。

いわゆる福島の原発で話題となった

原子力発電所のような商用で電力を

生産しているわけではありませんね。

 

もんじゅの仕組みとしては

高速の中性子によって燃料のプルトニウムを

増殖させること。

この時点でちょっとピンとこず。(笑)

ナトリウムで冷却することで

爆発を防いでいる。

 

ふむふむ、ぽかーんって感じです。

まあ要は中性子とプルトニウムとナトリウムを

使った技術であることはわかったかな。

 

では通常言われている原子力発電所とは

何が違うのでしょうね。

原子力はウランをつかって核分裂を

発生させています。

エネルギー量としては

ウラン 1グラムで、

 

石炭3t

石油2000リットル

 

のエネルギーを生み出すことができます。

このようにちゃんと管理すれば

運搬、貯蔵の面でも優れています。

ただちゃんと管理できないと

福島原発のように大爆発を起こします。

 

つまり方法の違う2つのやり方で

発電しており、もんじゅは商用では動作しておらず

原子力機構が管理、研究に使っているということか。

 

というかもんじゅって由来が気になるけど、

文殊菩薩という観音像の名前から

とったみたい。

 

もんじゅ 意味 仕組み 場所 高速増殖炉 維持費 廃炉 影響 事故 由来

 

高速増殖炉もんじゅの維持費は200億なの?廃炉の影響は?

 

もんじゅの維持費って200億円と

言われておりかなりの費用を

費やしているように見える。

 

おそらく税金であると思う。

しかも商用ベースは2050年を目指してるって、

国民に還元されるのはまだまだ先の話みたい。

 

ぶっちゃけ原子力発電もあるし、

火力、風力だってあるんだから

もんじゅって必要なんだろうか?と思う。

 

もちろんいろいろ意見はあると

思うけど私は廃炉でいいと思うし

影響ってあんまりないんじゃないかと思います。

 

だってそもそもあんまり話題に

上がってこないでしょ?

 

年間200億といわれるもんじゅの維持費を

もっと別に使ってほしい。

 

Sponsored Link
 

高速増殖炉もんじゅの事故って過去にあったの?

 

もんじゅって以前には使っている設備が

壊れたりして何度も生産が

ストップしているらしいですね。

 

たしかに偉い人が管理しているのかもしれませんが、

大きな事故を生む可能性があるのなら

やっぱり危ないし使ってほしくはないかなと思う。

 

しかしメリットもかなり大きいようだから

一概に全くダメだともいいづらいところはある。

 

 

 

 

廃炉が検討されているようだから

十分に検討して国民のために

考え抜いてほしいものです。

 

そうすればもっとよりよい

日本の社会が生まれる気がしますよ。

ちょっとかっこいいこといってみました。(笑)

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

Sponsored Link
 

 - 時事 , , , , , , , , ,