白熱電球 注意点や発火の仕組みが…LED・蛍光灯・発光原理など

   

 

白熱電球って皆さん知っていますか?

知っているようで白熱電球って知らない人が

多いのではないでしょうか?

そんな白熱電球とは?どんなものか。

発火するって本当?

 

Sponsored Link
 

白熱電球とは?発火するの?注意点は?発光原理など

 

白熱電球とはよくひとり暮らしのマンションなどで

使われていますがガラスの球体のなかに

なんか針金みたいな細い線がくるくるってまかれているやつ。

これのことです。

別名はフィラメント電球なんていわれているようですね。

 

白熱電球は電力を比較的多く使いますが、

発光能力はそこまで高くないです。

 

フィラメントにジュール熱を流すことで

光を放つ光電子を放射することで

光っているようにみえるのが発光の原理らしいですね。

 

まあ私は化学や科学はあまり得意な教科

ではありませんでしたので簡単には上記の

説明のようですよ。

 

ただ調べてみると白熱電球って発火を引き起こす

というびっくりな情報もありました。

 

皆さん経験があるかも知れませんが、

白熱電球ってガラスの部分を触ると

やけどするくらい熱いですよね。

可燃性のものを近づけるともえる可能性があるらしいですね。

これはまあ私でも知っています。

 

あとは電気的な問題で内部が爆発し、発火して火災に至る

こともあるみたい。

 

これは注意点かもしれませんね。

 

hakunetu

 

白熱電球、LED、蛍光灯との比較は?色、消費電力など

 

白熱電球とLED、蛍光灯は結構比較されるみたい。

LEDは消費電力が低くて、でも明るい、色のバリエーションも

豊富といったメリットがあるのは結構ニュースで

取り上げられていました。

ちなみにLEDは発光ダイオードを使っているようです。

半導体ですね。

電気で発光するものなんです。

 

たとえばちょっと肌色というか温かみのあるやつから

白色までいろいろとありますよね。

 

また電気代も変わってきます。

白熱電球の5分の1らしいですよ。

かなり消費電力は変わってきますね。

耐久年数もLEDは数十年くらいあるようです。

長い目で見ればメリットはありますよね。

衝撃に強かったり。

  • LED電球は寿命が大変長いため電球交換の手間がかからないということが最大のメリットです
  • 消費電力が少ないため電気代が安く済む
  • 頻繁につけたり消したりしても寿命が縮むことがない
  • 衝撃などに強く壊れにくい
  • 紫外線を出さないため虫が寄り付かない(室外にも向いている)
  • 電気をつけるとすぐに明るくなる(明るくなるまでに時間がかからない)
  • 消費電力が少ないため、二酸化炭素の排出量が少なく環境に優しい

 

ただデメリットもあるみたいですね。

  • 購入コストが高い(しかし近年価格は下がってきています)
  • 熱に弱いため、浴室など熱がこもる場所で使うと損傷する可能性がある(使う場所に向き・不向きがある)
  • 白熱灯や蛍光灯に比べて重量が重い
  • 360°均一に光が届く蛍光灯に対しLEDは均一に光を放射できないため、場所によって明度が異なる

 

確かに以前に私も電気店に行ったときは

かなり高いイメージがあったな。

 

Sponsored Link
 

白熱電球 製造中止ってなんで?

 

白熱電球って真っ先に出てくるのは

製造中止ですね。

 

どうもいろんな企業では白熱電球を製造中止しているみたい。

やはり時代は蛍光灯やLED照明が中心なってきていますから。

 

またいろいろは注意点もあることから

リスクの面、今後の採算の面で

製造を中止しているみたい。

 

まあ私も家を建てるならLED照明使いたいし。

先日家を建てていた友人も照明は全部LEDに

したって言ってました。

 

今後は白熱電球はどんどんなくなっていきそうですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

Sponsored Link
 

 - ライフハック , , , , , , , , , , ,