寺西信一の経歴やWikiプロフィールは?英女王工学賞の理由は?

   

 

寺西信一さんが非常に話題になっています。

どうもイギリスのノーベル賞にあたる

英女王工学賞を受賞されたらしいのです。

ただ管理人は寺西信一さんを

全く知りませんでしたので調査してみました。

 

Sponsored Link
 

寺西信一の学歴や経歴は?Wikiプロフィールは?年齢は?

 

寺西信一さんの簡単なWikiプロフィールから

確認してみましょう。

 

寺西信一さんは兵庫県立大学と静岡大学の

特任教授をされています。

まあ特任というのはあらかじめ

期限があり、期限が来ると辞めるという

雇用の一種です。

 

1978年に東京大学大学院を修士で卒業され、

NECに入社されました。

NEC時代にはNEC研究所の部長をされ、

そのご経歴を買われパナソニックに

転職されています。

半導体グループのマネージャーとなる。

 

その後は2013年から大学教授として

今の大学で学生に教えております。

 

寺西信一の年齢ですが

おそらく60代前半くらいではないかと思います。

平成25年にパナソニックを定年退職されています。

まあ一般的に60歳で退職されたのであれば

60代と言うことになるでしょう。

 

ちなみに静岡大学の公式HPに経歴がありましたので

あわせて掲載しておきます。

 

【主な受賞歴】
平成 5年:全国発明表彰経済団体連合会会長発明賞 「埋め込み型フォトダイオ-ド」
平成 9年:科学技術庁長官賞研究功績者 「高感度低雑音CCDイメージセンサの研究」
平成12年:映像情報メディア学会丹羽高柳賞業績賞 「CCDイメージセンサの研究開発と実用化」
平成15年:映像情報メディア学会フェロー 「高性能CCDイメージセンサの研究開発および実用化に関する貢献」
平成22年:IEEE Fellow 「CCDイメージセンサ開発の功績」
平成22年:英国王立写真協会進歩賞「埋込フォトダイオードを始めとするイメージセンサの先駆的開発」
平成23年:米国写真協会進歩賞「埋込フォトダイオードの発明」
平成25年:映像情報メディア学会丹羽高柳賞功績賞「固体撮像素子の飛躍的高性能化と国際競争力確立への貢献」
平成25年:山崎貞一賞 「埋め込みフォトダイオードを用いたイメージセンサの開発」
平成25年:IEEE EDS J.J.Ebers賞 「埋込フォトダイオード(Pinned Photodiode)開発の功績

 

大学での研究テーマは

固体撮像素子(CCDイメージセンサおよびCMOSイメージセンサ)の研究開発

と言うことらしいです。

管理人にはちんぷんかんぷんです。(笑)

 

 

寺西信一が英女王工学賞(クイーンエリザベス)を受賞した理由は?

 

寺西信一さんが話題となった英女王工学賞

って何でしょうか?

 

あまり聞きなれませんが

イギリスがスウェーデンのノーベル賞に

あたる賞を創設したらしく

それの名前になります。

 

クイーンエリザベス女王賞とも

呼ばれています。

まあ漢字で書けば英女王工学賞となります。

 

イギリスは女王陛下を崇拝していますので

なんでも女王をつけたがる癖がありますね。(笑)

 

工学と言うくらいなので

エンジニアリングの分野のおいて

多大なる功績を残したものが

受賞されるようですね。

 

2013年から開始し、2年おきに発表されます。

2015年はアメリカのロバートランガーさんが

受賞されていました。

 

そして今回の2017年は寺西信一さんが受賞されました。

デジカメのイメージセンサーの開発において

大きな功績を残したというのが

大きな理由のようです。

 

イメージセンサーというと光をあつめて映像化する

技術でこの性能がいいともちろんきれいな映像が

残るわけです。

 

現在のデジカメのきれいさは

尋常じゃないですからね。

寺西信一さんの技術が認められたということで

日本人として誇りに思います。

 

Sponsored Link
 

寺西信一の賞金は?

 

ちなみにこのような世界的な賞では

あわせて賞金もついてきます。

 

1億4000万円になります。

いやいや宝くじみたいになっているやないかーい。(笑)

 

スゴイ賞金ですね。

ノーベル賞でも1億円くらいなので

それを超えています。

 

 

今回は英女王工学賞を受賞された

寺西信一さんを取り上げてみました。

 

同じ日本人としてちゃんと名前を

覚えておかないといけませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Link
 

 - 時事 , , , , , , ,