姜哲大使(北朝鮮)の経歴や追放の期限はある?大使の役割は?

   

 

姜哲大使(カンチョル)がマレーシアから国外追放されました。

例の事件の捜査の批判をしており、

マレーシア政府を怒らせたことが追放の原因ですけど

それだけで一応大使ですし追放するかね?(笑)

でも2チャンネルなどを見ると歓迎コメントが多かった。

ぶっちゃけ管理人も歓迎ですけどね。ww

 

Sponsored Link
 

姜哲大使(北朝鮮)の経歴や学歴は?

 

姜哲大使ですが簡単な経歴を

調査してみました。

あんまり情報が少ないんでね。

 

1973年に国交が開始されてから、

いろいろとあり2003年に

マレーシアのクアラルンプールに

北朝鮮大使館が設立されました。

 

2004年には平壌にマレーシア大使館が

設立されました。

 

意外と最近なんですよ、大使がいるようになったのは。

2009年にはビザなしでの渡航も可能となった。

 

調べたところ2004年から姜哲さんがいたかについては

情報がなくわかりませんでしたが、

基本的には4年が任期らしいので

最近なら去年からかもしれませんね。

 

学歴については情報がありませんでしたが、

おそらくは北朝鮮の大学を出ているのかな。

外交官ですし、お国柄、ちゃんとした経歴ではないと

大使として派遣されないと思いますので。

 

 

姜哲大使の追放の期限はあるの?

 

姜哲大使に追放ですが

期限があるのか気になるところです。

 

今回のように「好ましからざる人物」と

その国から認められた場合、

国外追放となるようだ。

 

これを外交用語で

 

ペルソナ・ノン・グラータ

 

と言いますね。

ペルソナというとアニメしか思いつきません。(笑)

 

ウィーン条約で決められている

国際的な条約のようです。

 

拒否する最高の手段とされており、

強制送還をすることが出来ます。

 

最悪、逮捕も出来るようですよ。

期限がないので戻ってこれない可能性も高い。

 

マレーシアも間違いなく戻そうとは

思っていないでしょう。

 

Sponsored Link
 

大使の役割は?

 

ちなみに大使って言うけど

なかなかどんな仕事をしているかわからないですよね。

 

管理人はそうでした。

特命全権大使と言われるようで、

そこで調べてみると条約の調印や署名、自国民の

保護などをしている。

 

そこの建物だけはその国の法律が適用されており

他の国の人は入ることが出来ない。

不法侵入になるしね。

 

今回は姜哲さんを取り上げました。

管理人としては姜哲さんが国外追放されることに

賛成の意見を持っています。

 

先日は韓国駐日大使も帰還させていましたよね。

やはり各国の付き合い方というのは

難しいのもですよね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Link
 

 - お騒がせ事件 , , , , , , ,