31日間無料トライアル実施中!


ヨシダナギの学歴や経歴って?フリーのカメラマンで事務所はどこに所属してる?

TBSのバラエティー番組「クレイジージャーニー」で一躍有名となった写真家・ヨシダナギ。

自らも服を脱いで裸となり、アフリカをはじめ世界各地の少数民族の写真を撮影する彼女。

子供の頃にいじめを受けていたなど、経歴が色々と気になります。

そこで今回は写真家・ヨシダナギさんのことについて調べて見ました。

Sponsored Links
Sponsored Links

プロフィール・学歴・経歴

* 【 VOGUE×資生堂 】 * どうも、こんにちは。 モーター系の乗り物を運転すると人格が変わることが判明したヨシダです。 * VOGUE×クレ・ド・ポーボーテ(資生堂)さんの特設サイトにて、“新次元”というテーマでインタビューに答えさせていただいた記事が公開されました。是非、いつもとはチョット違う資生堂風のヨシダをご覧くださいませー。 * 記事はお手数ですがプロフィールに記載してあるHPからBLOGに飛んでご確認くださいませ。 * #ヨシダナギ #nagiyoshida #資生堂 #voguejapan #クレドポーボーテ #メイクって凄い #いつもより控えめな前歯 #クレイジージャーニー #makeup #cledepeau #shiseido

A post shared by nagi yoshida / ヨシダナギ (@nagiyoshida) on

・名前  ヨシダナギ

・生年月日  1986年7月6日(31歳)

・出身  東京都

・学歴  不明

名前の「ヨシダナギ」はどうやら本名ではないようです。

本名は非公開とのこと。

ヨシダさんは幼少期にテレビに出ていたマサイ族に憧れ、

「アフリカ人になりたい」と思うようになったそうです。

10歳の時に千葉県に引っ越しました。

それからいじめに逢い、中学2年生からは不登校になりました。

さらに両親が離婚してしまうなど、不幸が続きました。

そしてヨシダさんは自傷行為や自殺未遂もするようになってしまいました。

グラビアアイドル

不登校となり家で過ごす間、インターネットの掲示板に書き込みをしていたところ、

出版社の人とやり取りするようになりました。

それからその人にヨシダさんのホームページを作ってもらい、

ヨシダさんはそこに創作した物語を書き込みました。

そしてプロフィール用に写真を送った際に芸能事務所から声がかかり、

やがてグラビアアイドルとして活動するようになりました。

所属した事務所は公表していないようです。

21歳を機に一人暮らしを始めました。

一人暮らしを始めると、性格が変わり自傷行為や自殺未遂も亡くなったそうです。

しかしながら、もともと向いていなかったグラビアアイドルを辞めてしまいました。

グラビア時代の画像が気になるところですが、探しても出てきませんでした。

本人も向いていなかったと言っているほどなので、あまり積極的に活動していなかったようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

イラストレーター

グラビアアイドルを辞めたヨシダさんはイラストレーターとして活動することにしました。

ヨシダさんはもともと絵を描くのが好きで、得意でもあったそうです。

ですが、それも長くは続きませんでした。

カメラマン

イラストレーターを辞めたヨシダさんは写真を撮り始めました。

母親たちとフィリピンに行った際、スラム街の子供の写真をブログに載せると、

その写真が褒められ、そうして本格的にカメラマンとして活動していくこととなりました。

23歳の時に、幼い頃から憧れていたアフリカに初めて行き、

そこで少数民族を撮影し、写真を発表しました。

話題となった、自身も裸になって撮影するというスタイルは2012年頃に始まりました。

自分も少数民族と同じように裸になったところ、彼らにとても歓迎されたそうです。

そして、2015年にTBS「クレイジージャーニー」で紹介され話題となりました。

今では様々なメディアに登場しています。

2017年には「次代を創る100人」、「PEN CREATOR AWARDS」に選ばれ、

さらに「講談社出版文化賞写真賞」を受賞しました。

‪*‬ 【 ヨシダからご報告 】 * どうも、こんにちは。
渡航が決まると必ずモノモライか結膜炎になるヨシダです。 * ‪私事で大変恐縮なのですが、この度、ヨシダの写真集「SURI COLLECTION」と紀行本「ヨシダ、裸でアフリカをゆく」が講談社出版文化賞「写真賞」を受賞しました。‬ * これは全てアフリカの友人たちと、編集•出版に携わって頂いた皆々様のお陰だと思っております! * 今後もゆるーっと世界中のヒーローたちをご紹介していけたらいいなぁと思っておりますので、引き続き、どうぞヨシダナギを宜しくお願いいたします! * #ヨシダナギ #nagiyoshida #いろは出版 #扶桑社 #講談社 #講談社出版文化賞 #やたー #アフリカ #africa #african #africaamazing #写真 #photographyawards #japanese #kimono #着物 #photographer #クレイジージャーニー

A post shared by nagi yoshida / ヨシダナギ (@nagiyoshida) on

Sponsored Links
Sponsored Links

作品

ヨシダさんの写真は色彩が美しいと評価されています。

* 【 予告:ヨシダナギ写真展 】 * どうも、こんにちは。 前歯が主張し過ぎるヨシダです。 * クレイジージャーニーの放送を見て頂いた皆さま、どうもありがとうございました。本日はザックリではございますが、次回の写真展のお知らせでございます。 * 4月25日に発売されるヨシダナギBEST作品集「HEROES」の発売を記念して、西武渋谷店にて写真展を開催いたします。 * 作品集「HEROES」には、今回クレイジージャーニーでもご紹介させて頂いた青の民「トゥアレグ族」や、骸骨のヒーロー「スケルトンマン」、美しき裸族「ヒンバ族」、アフリカの妖精「スリ族」、アマゾンの「エナウェネ・ナウェ族」など、ヨシダナギが出会ってきた世界中のヒーローたちを一冊にまとめた大判の作品集となっております。 * 写真展は、4月19日~西武渋谷店で開催される予定なのですが、今回はA館とB館の2会場に渡って展示を行わせて頂きます。 * A館の催事場では、ヨシダナギ×NAKEDとして、ヨシダナギが見てきた世界や少数民族をNAKEDさんがデジタルインスタレーションとして表現してくれます。 * そして、B館8F美術画廊では、トゥアレグ族やスケルトンマン、フリ族などの新作を含めた作品を大きなサイズにて展示致します。 * 会期中にはサイン会なども行う予定ですので、これらの詳細は改めて御報告させて頂きますのでどうぞお楽しみにー! * #ヨシダナギ #nagiyoshida #クレイジージャーニー #crazyjourney #ヨシダナギ写真展 #Algeria #ethiopia #アフリカ #アマゾン #少数民族 #tuareg #desert #skeltonman #himba #suri #africantribe #kalam #africaamazing #africanbeauty #photography #enawenenawe #mudman #afar #huli #tribe #masai #beautifulpeople #african #papuanewguinea #デジタルインスタレーション

A post shared by nagi yoshida / ヨシダナギ (@nagiyoshida) on

これまでに

・SURI COLLECTION

・ヨシダ、裸でアフリカをゆく

・HEROES ヨシダナギBEST作品集

などが発売されています。

Instagramなどでも作品の一部を見ることができます。

【 東京&大阪:トークショーの御案内 】* – Talk Show Invitation – * いつものことながら告知が出遅れてしまったのですが、 東京と大阪にてトークショーをやらせて頂けることになりましたのでお知らせさせて頂きますー! * ■ 東京 @渋谷ヒカリエ ■ * 「撮りたい。という衝動 」 – ヨシダ、裸でアフリカをゆく出版記念 – * 会場:渋谷ヒカリエ9FホールB 日時:2016年6月25日(土) START 11:30 参加費:無料 出演:ヨシダナギ/旅する鈴木 詳細:プロフィールのHPに飛んでブログのリンクからご確認くださいませ! * ■ 大阪 @枚方 T-SITE ■ ヨシダナギ出版記念トークショー 「 ヨシダ 枚方に立つ 」 * 会場:枚方T-SITE (蔦屋書店 3F) 日時:2016年7月2日(土) OPEN 15:30/START 15:45 参加費:1,620円(税込)/定員:50名 予約申込:072-844-9000(お電話、もしくは枚方蔦屋書店3Fカウンターにて) サイン会参加条件:当日15:30までに、写真集「SURI COLLECTION」、紀行本「ヨシダ、裸でアフリカをゆく」、もしくはDVD「クレイジージャーニー vol.2」のいずれかを枚方蔦屋書店にてご購入いただいた方。 詳細:プロフィールのHPに飛んでブログのリンクからご確認くださいませ! * 当日、会場で皆さまにお会いできることを楽しみにしておりますー! * そして自由が丘のBuriki no Zyoroさんで現在開催されております「ブリキのヨシダ展」も7月2日(土)までですので、お近くにお立ち寄りの際は御気軽にお立ち寄りくださいませー! * #ヨシダナギ #nagiyoshida #東京カメラ部2016写真展 #渋谷ヒカリエ #ヨシダしゃべるってよ #ブリキのヨシダ展 #ブリキのジョーロ #旅する鈴木

A post shared by nagi yoshida / ヨシダナギ (@nagiyoshida) on

9/19~27まで開催していたヨシダナギ写真展"Suri COLLECTION"は皆様のお蔭で大盛況のうちに幕をとじることができました。ご来場いただいた方々、ご協力頂いた方々に心からお礼申し上げたいと思います。 スリ族の写真を通して、アフリカの魅力を少しでも皆様にお届けできていたら幸いです。今後も懲りずにアフリカや世界各地の少数民族を撮影して、皆様にその魅力をお伝えしていけたらと思っておりますので、どうぞご期待くださいませ。 #ヨシダナギ #スリ族 #スリコレ #エチオピア #ethiopian #africa #tribe #african #民族 #タウンワーク #履歴書なしで面接OK #職探し #日本人の時給めちゃ高い

A post shared by nagi yoshida / ヨシダナギ (@nagiyoshida) on

まとめ

・ヨシダナギさんはアフリカをはじめ世界各地の少数民族を撮る写真家

・少数民族と交流するときは、彼らに合わせて自身も裸になったりする

・その撮影スタイルが独特とされ、テレビでも取り上げられる

・撮影スタイルだけでなく、作品自体も色彩が美しいと評価されている

・かつてはいじめを受け不登校だった

・自傷行為や自殺未遂も経験

・写真家になる前はグラビアアイドルとして事務所に所属(その事務所は不明)

・グラビアアイドル後はイラストレーターだった

・本名、学歴は公表していない

かつてはいじめに逢い、自傷行為や自殺未遂を経験するなど壮絶な人生だったヨシダナギさん。

今ではプロのカメラマンとして世界各地の少数民族を撮影し、評価されて大活躍です。

自身も裸になって撮影するというスタイルは決してパフォーマンスではなく、

そうすることでより深く交流でき、少数民族の素の表情を写し出すことが出来るのでしょう。

だからこそ、ヨシダさんの作品には魅力があり、評価もされているのだと思います。

以上、写真家・ヨシダナギさんについてでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)