宮沢氷魚の女性の好きなタイプや恋愛観は?性格は穏やかだが私服は派手ってマジ?

THE BOOM のボーカル宮沢和史の長男で「MEN’S NON-NO」のモデルを務める宮沢氷魚。

テレビドラマ「コウノドリ」ではレギュラーとして役者デビューを果たしました。

舞台への初主演も決まっており、今後ブレイクすることが期待されています。

プロフィール

・宮沢氷魚(みやざわひお)

・生年月日  1994年4月24日(24歳)

・出身地  アメリカ・サンフランシスコ生まれ/東京都育ち

・身長  184cm

・所属  レプロエンタテインメント

宮沢氷魚さんの父親は THE BOOM のボーカル宮沢和史さんで、母親はタレントの光岡ディオンさんです。

光岡ディオンさんはアメリカと日本のハーフですので、息子の氷魚さんはクォーターです。

髪の色も染めているわけではなく地毛なんだそうです。

確かにどことなく海外の血が入っている感じはありますね。

サンフランシスコで生まれた宮沢さんは東京で育ちました。

幼稚園の時から高校まではセントメリーズインターナショナルスクールに通いました。

この学校はインターナショナルスクールでかなり難関な学校のようで、卒業生にはクリス・ペプラーさんなどがいます。

高校を卒業後、一度アメリカのカリフォルニア大学サンタクルーズ校に進学しました。

この大学もかなりの難関校ですので、宮沢さんの学力は相当のものと思われます。

父親のライブをみてから芸能界に興味を持っていた宮沢さんは、アメリカ留学中にレプロエンタテインメントに履歴書を送りました。

実はそれまで宮沢さんは芸能界が嫌いだったそうです。

それは子供の頃は親が芸能人なので家にいないことが多かったので、芸能界に対して良い思いを持っていなかったのです。

しかし、高校生くらいの時にたまたま行った父親のライブで、父が多くの人を魅了する姿に感銘を受けました。

それから、芸能の仕事の素晴らしさを認識したようです。

そして2015年の6月からレプロ所属のタレントとなりました。

21歳の時に帰国し、国際基督教大学に編入。

第30回「MEN’S NON-NO」専属モデルオーディションでグランプリに輝き、大学在学中にモデルデビューしました。

俳優活動を目指す宮沢さんは2017年にTBSドラマ「コウノドリ」に出演し、役者デビューを果たしました。

さらにドラマ「R134/湘南の約束」、舞台「BOAT」にそれぞれ主演することが決まっています。

幼い頃からインターナショナルスクールで過ごしてきた宮沢さんは英語が堪能です。

短いですが、発音の良さがわかります。

語学力と同様に、昔から陸上競技をはじめ、サッカーや野球などのスポーツもしてきたため、スポーツ万能です。

また、父親と同様に釣りが趣味で、一緒に釣りに行くこともあるようです。

好きなタイプの女性は?

3人兄弟の長男ということもあって、一見しっかりしてそうな宮沢さんですが、実はそうではないようです。

ですので、引っ張ってくれる女性がタイプなのだとか。

優柔不断なところがあるようで、すぐに物事を決めてくれる人が良いようです。

年上か年下かはこだわりがないようですが、年上の女性の方が合いそうですね。

また、留学していた時や、大学生の時には告白されることもよくあったそうです。

スポーツ万能で、身長も高いですからモテたでしょうね。

芸能界に入ってからはまだ誰とも噂されていません。

俳優デビューしてからまだ1年ほどですので、これからそういったこともあるかもしれません。

それにしても氷魚という名前は珍しいですね。

氷魚とは鮎の稚魚のことをいうようで、寒さの厳しい琵琶湖の特産物のようです。

どんな厳しい環境でも立派に成長するように、と父親が名付けたそうです。

釣り好きの父ならではの発想ですね。

宮沢さんには弟と妹がいますが、それぞれ「海実(かいみ)」、「琉歌(るか)」という名前なのだそうです。

3人とも釣りや海、歌から名付けられたようですね。

性格や私服は?

一見するとクールな宮沢さんですが、実は大の負けず嫌いです。

周りの仲間の仕事ぶりを見て、自分も頑張らなければと思うことも多いそうです。

それで頑張りすぎてしまうこともあるのだとか。

学生時代から様々なスポーツに取り組んできたので、とてもストイックなのでしょう。

そして普段からモデルの仕事をする宮沢さんは撮影現場でのファッションを参考にしているそうです。

なるべくシンプルにするようにしているようですが、柄シャツが好きなんだそうです。

柄シャツを見ると集めたくなるとのこと。

実は宮沢さんの一家全員柄シャツが好きで、父親のお下がりを着ることもあります。

まとめ

・宮沢氷魚は THE BOOM の宮沢和史と光岡ディオンの長男

・母はアメリカと日本のハーフで自身はクォーター

・大学在学中に「MEN’S NON-NO」でモデルデビュー

・幼稚園から高校までセントメリーズインターナショナルスクールに通っていたため英語が堪能

・高校卒業後はカリフォルニア大学に留学

・国際基督教大学に編入

・引っ張ってくれる女性がタイプ

・年齢は上か下かはこだわりがない

・留学中や大学在籍中は告白されることが何度かあった

・大の負けず嫌い

・一家全員、柄シャツが好き

俳優デビューしてまだ1年ほどですが、これからの活躍が未知数です。

英語も堪能なので、海外で仕事をする日も来るかもしれません。

最近では俳優が海外進出することが増えてきましたし。

またスポーツも万能ですので、アクションの仕事もありえます。

芸能界は厳しい世界でしょうが、持ち前の負けず嫌いな性格で活躍できるといいですね。

役者として人々を魅了することができるのでしょうか。

これからの宮沢氷魚に期待しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)