31日間無料トライアル実施中!


ヘルパンギーナの潜伏期間や感染経路は?唇の腫れや耳・喉・胸の痛みは感染のサイン?

こんにちわ、管理人です。

元気ですか、元気があれば何でもできる・・1,2,3、ダアー

アントニオ猪木のお決まりの言葉です。

春よ来い、早く来い・・・さくらさくら・・・・・

灯りをつけましょ、ぼんぼんりに、お花を挙げましょ桃の花

甍も波と聞けば鯉のぼり・・・・・・嬉しい嬉しい夏な休みです。

大人も子供も4月から夏に向かっていろいろな行事が沢山あると思います。

秋から春には、世界的にイフルエンザがはやり猛威を振るいました。

春から歌のように楽しい行事を過ごす為に夏場にはやる可能性がある、ヘルパンギーナを予備知識として頂くために書いてみたいと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

ヘルパンギーナとは

誰でもかかる病気はどんな病名を連想しますかと聞かれたら花粉症にインフルエンザと多くの人が答えると思います。

同じ人に季節で答えるとしたらと聞いたら、春からは花粉症で冬がインフルエンザと答えるはずです。

自分がインフルエンザに掛ってから病気に行って、受付で病名を尋ねられた時に風邪ですと答えるはずで、多くの人が風邪を感染症と認識できる人が少ないと思います。

ヘルパンギーナは、四国・九州から北上するように夏期に流行するといわれていて、夏風邪は5月ころから増加し始めて7~8月がピークになり、10月には終息されるようです。

子供は夏風邪のヘルパンギーナがまれに冬でもかかる事があるようです。

この風邪は子供に多くかかり年齢で言うと1歳~5歳児が一番多く全体の90%で残り9%が5歳以上の子供で、1%が大人で少ないですが重症になる事が意外と多いようと言われいてます。

ヘルパンギーナは喉の痛みや下の腫れが腫れる 感染症のサインは?

2017~2018年の秋から春にかけて、インフルエンザが大流行した事はだれしも知っている事ですがどのくらいの人がインフルエンザに掛ったか人数を聞いて驚くと思います。

意外と知られていない事に10人に1人がインフルエンザにかかっているようです。

夏に子供が掛かる可能性がある感染症では「手足口病」「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱(プール病)」が夏に子供が掛かる三大夏風邪と言われています。

https://twitter.com/TxsSwDMoJt6IICv/status/922347191967952896

初期症状は、急な高温の発熱(38~40度)をおこし、

喉の痛みと口内炎になります。

口腔内・軟口蓋・口蓋弓に1~5mmの水疱が数個出来ます。

看護師に聞いた事ですが、発病時にヘルパンギーナを分からない人が多い事から手足口病と間違った判断をしてしまう人が多いようです。

ヘルパンギーナは発熱と咽頭痛が出始めて、口蓋垂付近の水疱しんや発赤に対して、手足口病は口の中に水疱が出来、手、足又は全身に広がるようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

ヘルパンギーナの感染経路や潜伏期間は?

大きな病気やちょつとした怪我は原因がわかるもですが、難病や風邪はどこに原因があるのかは有名な医者でもわからない事があります。

あるものでまして一年中身の回りの誰かが引いている風邪はなぜ引いたかと聞かれても正しく答えられる人はいないと思います。

ヘルパンギーナとインフルエンザは、夏・冬にひく風邪の多くは目に見えない体の疲労や風邪にひきかけの人が咳をする事で出る目に見えない魔物(悪い菌)が風邪をひく主な原因です。

感染源が特定できたとしたらいいと思う人は少なくないはずです。

感染源を特定する事は難しいですがヘルパンギーナの感染経路を考えてみるとしたら、お母さんと一緒にいる子は寝不足などで体調を崩していた時?

保育園や幼稚園に通っている子供なら、他の園児の咳やくしゃみからの「飛沫感染」?

風邪に掛り始めの園児が鼻水や唾液を何気なく手で葺いたおもちゃからおもちゃと手に触れる事で感染する「接触感染」?

がかんがえられるでしょう。

https://twitter.com/ono_no_komanech/status/955375555607539712

またヘルパンギーナの潜伏期間は3~6日で、熱は2~4日で下がります。

この感染症は一度治っても似たウイルスで数回掛かる可能性があり、家族でも注意する必要があります。

Sponsored Links
Sponsored Links

ヘルパンギーナの症状は重くない?重症化しない方法は?


ヘルパンギーナの病状は、発熱から2~4日で解熱に向いますがその間は口腔内、軟口蓋、口蓋弓に水疱が破れ潰瘍による痛みがあり、全身倦怠感や咽頭痛、四肢痛、食欲不振になります。

乳幼児では哺乳障害、脱水症注意する必要があると思います。

ヘルパンギーナ以外の夏風邪で起きる、くしゃみや鼻水と下痢症状で病状の重症化で考えると、免疫力が弱い乳幼児では熱性けいれんと無菌性髄膜炎、心筋炎の可能性があると思います。

ヘルパンギーナはおおよそ1週間で完治しますが、喉や口蓋弓にできる水疱が破れて痛みがなくなり完治するまで時間はかかる為、満足な食事ができるまでは時間が掛かることもあります。

ヘルパンギーナと手足口病に違いは、基本的には手足口病の方が軽度で済むことが多いようで、手足口病は手足や臀部などに発疹が出ますが、ヘルパンギーナは手足に発疹は出ないようです。

手足口病は喉の奥より舌先に口内炎が出来る事が多く、ヘルパンギーナは喉の奥に水泡ができて、ヘルパンギーナは38度以上になりますが手足口病は平熱で済むようです。

予防の三原則

1、感染源の除去 
2、感染経路の遮断 
3、抵抗力を高める

三原則を元に私たちが出きる予防策は、こまめなっな手洗いとが外出から戻った時のうがい。

他人の咳やくしゃみからの空気感染を伏せくためにマスクの着用、集団生活でのタオルを共用しない(家族で風邪気味の人がいたときは同じ)。

おむつを使っている所ではおむつ交換でも注意深くする事で除菌消臭するといいと思います。

予防アイテム

アイビ除菌消臭水
調理道具、冷蔵庫、家具、トイレと家のありとあらゆる場所で使え、超音波加湿器に入れって加湿と同時に広範囲での消臭に使えます。

オスバンS(逆性石鹸液)
逆性石鹸液は殺菌消臭液で石鹸と聞けば汚れを落とすように思いますが、洗浄力がなく細菌を殺菌する事を目的として使います。

Sponsored Links
Sponsored Links

まとめ

家族に食欲不振や小さい子供が口の中に腫物や小水泡できて、潰瘍が破れて痛みを感じると食事には気を遣うはずです。

私のお勧めはヨグールと呼ばれる、液体状のヨグールに小さな果肉が入った物と、ジューサを使ってバナナやミカンで作る手作りの口当たりの柔らかいのどにやさしい飲み物がいいと思います。

風邪に掛かると必要とされているのがビタミンでなかでもビタミンⅮが含んだ栄養補助食品を食事と一緒にとるといいと思いますね。

これといった予防法が少ないですが、手洗いうがいは基本となると思います。

子供には徹底させるとともに、大人もちゃんとしましょうね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)