スタック(雪道)の意味や脱出方法は?タオルや砂がない時の便利な道具(グッズ)とは?

こんにちわ、管理人です。

2018年1月終盤、強烈な寒波が日本列島を襲い、全国的に大荒れの天気となっています。

普段、雪がない地域でも、今年はまさかの積雪○㎝という可能性も!皆さんの地域はいかがでしょうか?

豪雪地帯の方にしてみたら「このくらい」という雪でも、地域によっては大事件。

管理人の住む福岡はそうでもありませんでしたが、本当に車での運転は苦労されている様子がニュースなどで見受けられました。

とくにタイヤがスリップする、雪に埋もれてスタックしている様子がかなり見受けられましたね。

そこでスタックについて意味や脱出方法、タオルや砂は使えるのか?

また便利グッズがないかもあわせてまとめてみたいと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

スタックはどういうときに使う?

車を運転する人は聞いたことがあるかもしれませんが、普段の生活ではあまり使わない言葉です。

スタックは英語で「Stuck」。

“動かない”や”抜け出せない”という意味です。

雪道の運転時に使う場合、その意味の通り「雪やアイスバーンで車が動けなくなる状態」を言います。

他にもぬかるみ道や砂浜でも使います。「雪道で車がスタックした」…想像するだけで恐ろしいですね。

実際スタックしたらどうすればよい?

このツイートの写真を見て、雪の中ノーマルタイヤで運転するなんて!と驚いてしまいますが、普段雪が降らない地域に急に雪が積もったとしたらこんな状況になるかもしれません。

冬に入るとスタットレスタイヤに履き替える習慣のある地域の方は良いですが、そうでない場合…もしノーマルタイヤでスタックした場合はどうすればいいでしょうか?

Sponsored Links
Sponsored Links

スタックを脱出するには 運転技術編

  • アクセルを軽くオンオフしながらステアリングを左右させる


まず、焦らないことが一番です。

タイヤがエッジグリップの良い路面に引っかかってくれたら発進できる場合があります。

イケる!と思っても、アクセルは絶対に優しく踏みましょう。

  • 後続車を注意しながら、ゆっくりバックしてみる

それでもタイヤが空転して進まない場合は、ギアをバックに入れてみます。

もし少し動いたら、今度は前に。

前後に軽く揺さぶる感じで、路面を固めます。

集中してイケる!と思ったらゆっくりアクセルを踏みましょう。

  • 人に協力してもらう


それでも全く動かない場合、通りがかりの人に助けてもらいましょう。

原始的ですが車を人力で押してもらうというのが、実は一番よくある脱出法です。

FR車の場合は、後部座席に座ってもらい、荷重をかけるのも方法です。

困った時はドライバー同士の助け合いです!

普通、豪雪地帯には、道路のわきに、「砂袋」あるいは「凍結防止剤(塩化カルシウム)」を置いています。

砂はまくことでグリップの良い路面を簡易的に作ることができます。

塩カリは、細い道路や坂道の脇に置いている場合があり、道路公団の専用車を待たずして、自分でまけるようになっています。

砂袋・塩カリともに、「手袋」は必需品です。

では、そんなアイテムが無い地域では?

さて、運転技術・人海戦術以外で脱出するには、アイテムが必要です。

以下のアイテムは特にそろえておくと良いでしょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

チェーン(金属・樹脂・布など種類あり)

現在は非金属チェーンもたくさんあり、装着も簡単になっています。

特に注目したいのが、分割式ベルトタイプで、ジャッキアップ不要。

車の移動も不要。

スタックした時の強い味方です。

スタック専用アイテム

タイヤの下に敷いて使うスタックヘルパーはいろいろなメーカーから商品が出ているので、カー用品店やネットで調べて1つトランクに入れておくと良いでしょう。

タオル、毛布、フロントマットで代用ができる場合もありますが、専用グッズがあれば安心です。

シンプルで使いやすそうな一つに、『タイヤ滑り止め マット』があります。

スコップ・ショベル

これは誰でも携帯できる強い味方です。

タイヤの周りの雪を取り除いたり、路面を踏み固めたりできるので、小さいサイズのものでも十分役に立ちます。
   

その他常備したいアイテム5

  • ビニールシート
  • 懐中電灯
  • 解氷スプレー
  • 除雪ブラシ
  • 牽引ロープ

これらも揃えておくと良いと思います。

まとめ

今回はスタックした場合のあれこれを書きましたが、基本、雪道のドライブはスタットレスタイヤやチェーンの装備が必要です。

自治体によっては夏用タイヤ(ノーマルタイヤ)で走ることを禁止(通行止め)にする場合もあります。

渋滞のきっかけを作ったり、事故の原因になるので、雪道に慣れない人は、車に乗らないことがベストです!

それでも行かなければならない場合は・・・「スタック時の便利グッズ」で、万一に備えましょう‼

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)