31日間無料トライアル実施中!


酒井宏樹の出身中学や高校は?筋肉ムキムキだが海外の評価は低い?

6月にロシアで行われるFIFAワールドカップの日本代表候補として不動の地位にある酒井宏樹選手。

奇しくも4月に行われた自身のチーム(マルセイユ)の試合中に左足負傷のため、リハビリを続けていましたが、見事今回も代表入りを果たしました。

そんな酒井宏樹の出身校やプレースタイル、海外での評価など、気になるところと探ってみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

プロフィール及びサッカー歴

現在南フランスの名門クラブであるマルセイユのSB(サイドバック)ディフェンダーとして活躍中の酒井宏樹のプロフィールについて、先ずは。

生年月日:1990年4月12日

出身地:長野県中野市生まれ、千葉県柏原市育ち

身長:183㎝

体重:70㎏

血液型:A型

出身中学:柏市立富勢中学

出身高校:県立柏中央高校からウィザス高校(現第一学院高校)へ編入

といったところでしょうか。

家族構成についてですが、結婚していて現在3歳になる女の子がいます。

ここで気になるのは長友選手のように奥さんが芸能人の場合と違って、
一般の人なので大きく取り上げられることもなく、これはごく自然な感じといったところでしょか?

昨今は女子サッカーもブームなので、将来はサッカーをさせたいと言う希望はあるのでしょうか?

せめて子供がお父さんを認識して、すごい父親なのだなと記憶に残るくらいまではサッカーを続けたいですよね。

まあ酒井選手の場合、まだ現役として数年できるでしょうから、大丈夫だと思いますけど。

そんな酒井選手ですがお父さんは医者で病院の勤務医らしいそうです。

サッカー選手の父親の子供かと予想していたのですが、お父さんもすばらしい輝かしい経歴をお持ちなのですね。

サッカー歴に関して、中学に入学すると同時に、地元クラブである柏レイソルのU-15に正式加入することになります。

その後高校時代には柏レイソルU‐18に昇格し、その年にはU‐16日本代表に選出、やがて高校卒業時には同トップチームにまたまたの昇格、
といった具合でまさにトントン拍子の昇格続きですね。

その後のサッカー人生を追ってみると、先ずは所属クラブについて要約してみます。

2010年~20112年:柏レイソル

2012年~2016年:ドイツブンデスリーガの有名クラブであるハノーファ

2016年~現在:南フランス名門クラブのマルセイユと、いわゆる海外組として活躍しているんですね。

ポジションについて中学時代には右サイドハーフ、同3年から左バック、そして柏レイソル時代には右・センターバックとしてプレーし、
その後のハノーファとマルセイユでは右サイドバックを定位置として活躍中で、数々のゴールシーンにも絡むアシストとしても、
ディフェンスの要としてもチームには欠かせない存在となるわけです。

サイドバックでは内田選手や長友選手がいましたので、なかなか試合に恵まれないときもあったそうですね。

また日本代表としては2012年のキリンチャレンジカップで初の国際Aマッチに出場、コンフェデレーションカップ2013などに出場し、
2014年FIFAワールドカップアジア4次予選や、その後のFIFAワールドカップブラジル大会には選出されたものの出場機会には恵まれなかったといったところでしょうか。

Sponsored Links
Sponsored Links

出身校がすごい?

高校には一旦県立柏中央高校に入学するものの、おそらく学業とサッカーの両立に悩んだんでしょうね。

ウィザス高校(現第一学院高校)に編入することになります。

この高校は教育方針が独特で、通信制と通学制の選択が出来、スポーツ、芸能に加えてペットや美容といったコースもあり、
学業との両立が可能な環境にあるようで、酒井宏樹選手にとってはベストの選択であったと思います。

さらに、この高校の卒業生には同じサッカー選手の原口元気や香川真司がいますが、これは偶然なんでしょうが何かの縁なんでしょうね。

酒井宏樹のプレースタイル

なんといっても外国選手との激しいフィジカルコンタクトにも屈しないほどタフな身体能力は彼の魅力だと思います。

加えてダイナミックなオーバーラップと精度の高い鋭いクロスキックが魅力で、
つま先をアウトサイドに開いて膝を高く上げるといった独特のスタイルが酒井宏樹の特徴といったところでしょうか。

Sponsored Links
Sponsored Links

海外での評価は?

海外移籍のキッカケになったのは、2011年のクラブワールドカップでブラジルのサントスFCからゴールを挙げた酒井宏樹に、
海外の複数のクラブからオファーが来たことが、どうやらキッカケになったようですね。

ところで酒井宏樹のフランスでの評価はどうなんでしょうか?

地元紙の記事を探してみると、なかなか高評価?(実際は賛否両論あるんでしょうが)といったところでしょうか。

「いまやマルセイユの絶対的な存在だ。(右SBの)専門のバックアッパーがいないなかで、高質なプレーを継続させている。右サイドはまさに彼の独壇場で、鋭く、豪快で、かつ美しい。けちなプレーはいっさいしない。同じ右サイドのフロリアン・トバンが光り輝けるのは、サカイの存在があってこそで、その事実をトゥールーズ戦で再確認させた。守備でもクリーンシートに貢献。申し分ない存在感を示した」

更に自身のバスデーゴールを見事に決めたときの祝福は、人気のバロメーターとなるんでしょうね。

Sponsored Links
Sponsored Links

まとめ

中学、高校とサッカーに取り組む為の環境にも恵まれていた酒井宏樹選手。

柏レイソルからやがて海外に旅立ち、フィジカル面でもリスクのあるディフェンスというポジションにも拘らず、
ブンデスリーガやフランスリーグでは体力、ワザ共に磨きを掛けながらの日本代用入りでしたね。

また、海外で戦うためにはやはり肉体的な強靭さも必要で、あのクリスチアーノ・ロナウドのムキムキさには叶わないまでも、
日本人としてはそこそこの仕上がりではないでしょうか。

加えて以前の日本代表監督であったアルベルト・ザッケローニ氏からは「ことあるごとに『ごめん』と謝るのはやめてほしい」
といわれるほどの謙虚さ、更には矢部浩からもある番組でもイジられたほどの「ジミー大西」似のひょうきん?
なビジュアル効果も手伝って酒井宏樹選手の好感度はますます上昇の兆しと思うのですが….

まもなく開催されれるサッカーのFIFAワールドカップロシア大会、酒井宏樹選手のみならず日本代表には大いに期待したいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.