本間朋晃が変形DDTの怪我で全身麻痺?容態や技の動画を調査!

      2017/08/28

 

※3月6日追記あり。

 

本間朋晃(ほんまともあき)さんというと

プロレスラーで男らしい怖い顔つきからでる

かすれた声が特徴的な方ですよね。

笑顔もおちゃめで非常に人気のあるひとである。

そんな本間朋晃さんが怪我をして首から下が

動かなくなった?というような情報が入ってきました。

どのような状況なのでしょうか?

 

Sponsored Links

本間朋晃のWikiプロフィールや経歴は?

 

本間朋晃さんの簡単なプロフィールですね。

 

1976年11月18日生まれの40歳でです。

出身は山形県になります。

 

ニックネームは「ザ・こけし」など

こけし関係で呼ばれることが多いみたい。

 

大日本プロレス

全日本プロレス

新日本プロレス

 

とわたりあるいている。

筋肉がすごく、めっちゃ鍛えていて

ただ声がかすれているというところに

管理人は初めて見たときにビックリした。

 

まあプロレスラーは叫んだりすることがあるから

聞き取りづらいかすれ声になってしまっている人を

何人か知っているが本間朋晃さんはそれでもひどいほうだろう。

 

ただ逆にそれが可愛いよね。(笑)

 

 

 

17:16あたりでニックネームともなっている

こけしのわざを仕掛けています。

 

はじめてみたときはこの技どう何だ?

っておもったけど、逆に盛り上げる上では

ありなんじゃないかと思ったよね。

 

 

本間朋晃が変形DDTの怪我で全身麻痺?容態は?

 

そんな本間朋晃さんが試合中に

邪道の変形DDTという技をうけ

その後、3カウントで終了したのですが

様子が変だったそうです。

 

どうもセコンドやトレーナーの

返事は出来るもののクビから下が

動かず緊急搬送されたとのことです。

 


無事を祈るようなファンのコメントが多数ありました。

DDTと言うのはリングに頭をじかに打ち付ける

まあ非常に危険な技です。

 

脳しんとうくらいはどんな選手でも

ゼッタイおきてそうですよね。

 

ひどい場合は頭蓋骨骨折や頭蓋内出血なども

おこしクビにも負担はかかるだろうと思います。

脊髄を損傷してなければ良いのですが。

 

報道から

・首は動き声にははんのうしていた

・首から下が全く動いていなかった

・呼吸器をつけられていた

などの情報がありました。

 

この情報を加味すると

やはり最悪のシナリオとしては脊髄損傷の

可能性があるのかな。

損傷すると場所によっては呼吸もままならなくなるし。

 

具体的な情報が落ちてくることを祈りたい。

そして無事なことをいのりたいですね。

 

~~追記~~

 

新日本プロレスは6日、東京・大田区総合体育館で

3日の沖縄大会で病院に搬送された本間朋晃(40)の

負傷について「中心性頸髄(けいずい)損傷」と発表した。

会見した三沢威トレーナーによると頸髄の「3、4番に

腫れが見られ、そこから神経がマヒしてしびれている状態」という。

現在、本間は沖縄県内の病院に入院しているが

集中治療室からこの日の午後に一般病棟に移り、

意識はしっかりしているという。

負傷した翌日の4日には手足は動き

「マヒは良くなっている。呼吸、心臓への心配はなかった」と

三沢トレーナーは説明した。

 

頸隋の損傷でしたか。

ただ経過も良好みたいで本当に何よりです。

~~~~~~

 

Sponsored Links

本間朋晃が食らった邪道の変形DDTの動画は?

 

本間朋晃さんが受けた邪道の変形DDTって

どんな技なのでしょうか。

 

邪道のグリーンキラーと

呼ぶ技だそうですが丁寧に紹介してくれている

ツイートを発見しました。

 

管理人もにわかなところもあるので

このような解説は非常に助かりますね。

 


脳天やリバースと違って、

足をかけて平衡にした状態で

頭から落とすというわけですか。

 

非常に危険ですね。

鍛えているとはいえ

非常にやばいですね。

 

本間朋晃さんを取り上げました。

まずはゆっくり静養して

治してもらいたいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
 

 - スポーツ