石井優希(バレー)出身大学や高校時代の画像は?家族構成や兄弟がいるって本当?

いま「木村沙織の後継者」として、バレーボール日本代表で注目されているのが石井優希選手です。

石井選手は今までに、ニュース番組で取り上げられたり、スポーツ番組にも出演しています。

ですので石井選手のことを知っている人も多いのではないでしょうか。

石井選手は、2011年から現在までずっと日本代表メンバーに選ばれています。

実力はもちろんある石井選手ですが、プライベートでは家族との仲の良さが話題となっています。

そこで今回は石井優希選手の兄弟や家族についてなどについて調べて見ました。

是非最後まで読んで見てください。

石井優希・プロフィール

名前石井優希
生年月日1991年5月8日
出身岡山県倉敷市
職業バレーボール選手
身長180cm
体重68kg
血液型A型
所属久光製薬スプリングス
ポジションウイングスパイカー
引用元Wikipedia

石井優希選手は小学校2年生の時にバレーボールをはじめました。

高校は多数のバレーボール選手を輩出している岡山県の就実高校に進学。

春高バレー・インターハイを経験し、3年生の時にはキャプテンを務めました。

高校卒業後は久光製薬スプリングスに入団。

2012/13年、2013/14年、2015/16年、2017/18年のシーズンで、Vプレミアリーグ優勝を経験。

2017/18年シーズンでは、最高殊勲選手賞・ベスト6・レシーブ賞を受賞する大活躍をみせ、VリーグMVPに輝きました。

攻守に強い選手として、「木村沙織の後継者」とされ、2011年から全日本女子代表メンバーに選出されています。

そして、2018世界バレー・2020東京五輪の期待の選手として注目されています。

高校時代の画像は?

残念ながら、石井選手の高校時代の画像は見つかりませんでした。

しかし、久光製薬スプリングスに入団した時の画像はありました。

それがこちらです。

今ではショートカットのイメージがある石井選手ですが、入団当時はこのような髪型をしていたのですね。

石井選手は高校卒業後は大学へは進学しませんでした。

高校は、バレーボール強豪校の就実高校に通っていました。

そこで、春高バレーやインターハイにも出場しましたが、優勝することはありませんでした。

3年生の時にはキャプテンを務めるなど、バレーボール漬けの日々だったでしょう。

部活を離れてから、お洒落で髪型を変えてみたのかもしれませんね。

家族構成は?

今や日本で欠かせない存在となった石井選手。

そんな石井選手は誕生日にプレゼントを送るなど、家族仲はとても良いようです。

父親とはあまり似ていないですね。

母親似なのでしょう。

石井選手がバレーボールをはじめたのも、母親の影響からでした。

母親はママさんバレーをしていました。

石井選手はその母親の姿を見て、バレーボールに興味を持ったのでしょう。

そして家族の支えもあって、日本代表で活躍するバレーボール選手となりました。

ちなみに石井選手の誕生日5月8日には毎年家族で祝うのだそうです。

しかし2014年の誕生日の時は、世界クラブ選手権に出場するため、日本にはいませんでした。

ですので一緒に過ごすことができなかったようです。

兄弟はいる?

石井選手には姉が1人います。

名前は亜希さんというようで、年齢は石井選手の一つ上です。

その姉とは一緒にカラオケに行くなど、とても仲がいいみたいですね。

石井選手のために、このような画像をプレゼントするなんて、とても優しいお姉さんなのでしょう。

2018世界バレーも2020東京五輪も、姉や家族からの応援があるでしょう。

その応援を力にして、活躍できるといいですね。

まとめ

家族は一番身近な存在です。

その家族と仲が良く、石井選手にとっては大きな支えになっているのでしょう。

姉妹仲も良く、非常に好感を持てます。

今や石井選手は日本代表にとって欠かせない存在でしょう。

身近に迫った2018世界バレーや2年後の2020東京五輪では家族の支えの中で、きっと活躍してくれるでしょう。

是非とも優勝して欲しいですね。

皆さんも石井選手に注目して見てください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)