31日間無料トライアル実施中!


岩坂名奈の最高到達点や高校時代の成績・経歴を調査!プレースタイルや実力をまとめ!

こんにちは。

いよいよ、世界バレー2018の開幕がすぐ目の前に迫ってきましたね。

日本代表チームの活躍にも、期待が高まりますね!

そのバレーボール日本代表のキャプテンとしてチームを引っ張る岩坂名奈選手。

今回は、そんな岩坂名奈選手について、詳しく見ていきましょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

岩坂名奈選手はどんな人?

日本代表チームのキャプテンである岩坂選手は一体どんな人なのでしょうか?

まずは、彼女のプロフィールから見ていきましょう。

プロフィール

名前岩坂名奈
出身日本・福岡県福岡市
生年月日1990年7月3日
身長187㎝
体重72㎏
血液型O型

好きな食べ物はたこわさ、嫌いな食べ物はパプリカ・セロリだそうです。

バリバリのブロッカーでかっこいいイメージからはなかなか想像がつきませんね。

では、ここから、岩坂選手のこれまでの成績や経歴を見ていきましょう。

最高到達点は?

まず、岩坂選手の最高到達点は301.0㎝です。

バスケットボールのゴールの高さが305.0㎝であることを考えると、素晴らしい跳躍力ですよね。

この跳躍力は、彼女の身長のお陰もあるかもしれませんね。

これも、彼女が持って産まれてきた1つの才能ですね。

高校時代の成績は?

岩坂選手は、東九州龍谷高等学校に在学していました。

高校時代は、同級生の松浦寛子とともに、レギュラー選手として活躍しています。

その頃の成績としては、春高バレー優勝、インターハイ優勝、国体準優勝と素晴らしい成績を残しています。

彼女は、これらの勝利にレギュラーとして非常に貢献をしています。

高校1年生の頃には、第6回アジアユースバレーボール女子(U-18)選手権大会優勝、世界ユース女子(U-18)バレーボール選手権大会優勝を果たします。

高校2年生の頃には、アジアジュニア女子選手権大会優勝も果たしています。

高校時代の岩坂選手は、ユース代表、ジュニア代表として、素晴らしい成績を残していますね!

当時から、素晴らしい実力を発揮していますね!

経歴

小学1年生の頃から、両親の影響でバレーボールを始めます。

その後、高校で、前述したような素晴らしい成績を残し、2009年、久光製薬スプリングスの内定選手となります。

2009年4月に正式入団し、同時に、全日本女子代表メンバーの登録されました。

高校卒業1年目の2009-2010シーズンでは、ピンチサーバーとしての出場にとどまります。

翌年、2010-2011シーズン中盤で、先野久美子選手からスタメンを奪うと同時に、控え選手からレギュラー選手となり、大活躍します。

2011年には、モントルーバレーマスターズでの日本優勝に貢献しました。

同じ年に開催されたワールドカップバレーでは、初戦を除いて全試合スタメンで出場し、活躍しました。

このとき、べストサーバー部門2位、べストブロッカー部門5位にランクインしました。

また、2017年の全日本では、キャプテンに指名されました。

その年開催された、アジア選手権では、見事、チームを10年ぶりの優勝へと導き、自身もべストミドルブロッカーに輝きました。

高校時代から、現在に至るまで、苦労した期間もありましたが、大変素晴らしい経歴ですよね。

岩坂名奈選手のプレースタイルや実力

ここまでは、岩坂選手の過去の経歴を見てきました。

では、現在の彼女はどんな選手なのでしょうか?

岩坂選手のプレースタイルや実力について、見ていきましょう。

岩坂名奈選手のプレースタイル

岩坂選手はこれまで、ブロックを自身の武器としてきました。

しかし、ブロックだけでは通用しないということで、攻撃面の強化をしてきたようです。

サーブやサーブ後のディグ(スパイクレシーブ)など、世界レベルのミドルブロッカーとなるべく、日々練習しているそうです。

また、岩坂選手は、「得意のブロックだけでなく、全てのプレーにおいて、しつこさを求めてやっていきたい」と語っています。

また、ブロックでは、コミットブロックより、リードブロックの方が駆け引きができて好きなようです。

しかし、それにはまだスピードが足りていないようで、そこの練習にも取り組んでいるようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

岩坂名奈選手の実力は?

これまで見てきたように、岩坂選手はブロッカーとして、大変すばらしい実力を持っていることは確かです。

しかし、岩坂選手自信は、まだミドルとして、攻撃面で力が足りていないと感じているようです。

彼女はあまり器用な方ではないという情報もありました。

攻守ともに、臨機応変に、器用に対応できるようになるべく、日々鍛錬しているようです。

既に、ブロッカーとしては素晴らしい選手である岩坂選手ですが、彼女が目指しているのは、攻守においてバランスの取れた選手なのでしょう。

今後の岩坂選手の成長が非常に楽しみですね!

まとめ

ここまで、岩坂選手の経歴や、プレースタイルなどについて見てきましたが、いかがでしたか?

守備の要として、日本の大きな壁として活躍する岩坂選手。

そんな彼女が目指す攻守のバランスの取れたプレーが見物ですね!

また、岩坂キャプテン率いる日本代表チームの活躍からも目が離せませんね。

益々、応援したくなってきましたね!

みんなで世界バレー2018、日本チームを応援しましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)