31日間無料トライアル実施中!


ジャンガリアンハムスターのオスとメスの性格は?1人暮らしで飼うために必要なものは?

こんにちわ、管理人です。

小さくて可愛らしく、人間によく懐くことで人気のペット「ジャンガリアンハムスター」。

子供から大人まで、その愛くるしさに魅了される人が後を絶ちません。

色数も多く、ペットショップに行くとどのカラーにしようか迷ってしまう人も多いことでしょう。

カラーが決まったら、次に悩むのが性別ではないでしょうか?

ジャンガリアンハムスターは、性別によって性格が違うのでしょうか?気になるところですよね。

そこで今回は、性別による性格について探って行こうと思います。

また、一人暮らしの人が飼育する際に注意する点と必要なものについても、お話をしていきます。

Sponsored Links
Sponsored Links

性別の見分け方

まずは、見分け方の確認です。

大人になれば目で見てパッと分かるのですが、ショップで購入する時は大抵が子供です。

大変見分けが難しいので、店員さんも間違える場合もあるようです。

オス・・・肛門から生殖器までの距離が長い。大人になると、睾丸がとても大きくなる。

メス・・・肛門から生殖器までの距離が短い。大人になると、オスに比べてはっきりとお腹に乳頭が見えるようになる。

是非、店員さんと一緒に確認してみましょう。

オスとメスの性格について

ではいよいよ、性別による性格の違いについてお話をしていきましょう。

以下にまとめてみますので、参考にしてみて下さいね。

基本的な性格の違いはありますが、どちらもよく懐きますよ。

・オスの基本的な性格
のんびりした性格で、動きもゆっくりな子が多いです。

おっとりしていて、人間に懐きやすいです。

また好奇心が旺盛なため、脱走名人が多いです。

野生ではメスを探さねばならないのですから、これは仕方がないですね。

メスに比べてストレスに弱いと言われています。

・メスの基本的な性格
子供を産んで育てることから、神経質だと言われることが多いです。

オスに比べてストレスに強い傾向があります。

妊娠・出産といったストレスに耐えるためだそうです。

よく言われる「食欲旺盛」というのは、妊娠中によく食べるので皮下脂肪がついた姿が印象的だからでしょうか。

年中たくさん食べるわけではありません。食いしん坊という点では、オスの方が当てはまるでしょう。

こちらは私が飼っていたジャンがリアンハムスターのメスです。

神経質であるメスですが、手の平でご飯を食べるほど懐いていました。


Sponsored Links
Sponsored Links

1人暮らしで飼育する際に必要な物

1人暮らしのお共にハムスターを飼育したいという人が、増えてきています。

ケージが置けるスペースさえあれば十分ですので、狭い部屋だとしても飼育可能です。

また、鳴き声はしませんし、他の動物に比べてニオイもありません。

餌代も少なく、1暮らしに向いていると言えるでしょう。

それでは、必要な道具を挙げていきます。

・飼育ケース
夏はケージ、冬は衣装ケースがおすすめです。私はケージで脱走されたことがあるので、夏でも衣装ケースを使用していました。

・巣箱、回し車
ハムスターの寝床と回し車は、必ず用意してください。

回し車は運動不足解消になります!

https://twitter.com/Cobushidai3ham/status/962523605656457216

こういったトンネルも楽しそうですね。

https://twitter.com/aniotaixtuka_2/status/959436795812331520

巣箱は市販のものでなくても良いと思います。

私は段ボールやティッシュの箱で作っていました。

・餌
市販のハムスター用ペレットがおすすめです。

・トイレ、トイレ砂
お店に行くと、いろいろな種類が売られています。いつも清潔な状態にしておきましょう。

・給水ボトル
使用する時には、水漏れがないか確認してください。少しずつ漏れて、床材が濡れてしまわないように。

・床材
非常にたくさんの種類があります。消臭タイプもありますよ。

・保温グッズ
寒くなってきたら、小動物用のヒーターを用意してあげましょう。

巣箱に敷く場合は、半分だけ温まるような感じにすると良いです。熱くなったら移動できるようにしておいてあげましょう。

こちらの子は、ヒーターを入れてもらってとても気持ち良さそうに眠っていますね。

いろいろな商品がありますので、特に寒冷地の場合は用意してあげましょう。

・暑さ対策グッズ
アルミのマットや大理石のプレートなどがおすすめ。

保冷剤を布でくるんで入れておくのも良いでしょう。

こちらの人は、ケースの外に置いたようですね。

外出の際には、室温に注意!室温は20~28℃です。暑くなり過ぎるようなら、冷房をつけっぱなしする覚悟も必要です。

Sponsored Links
Sponsored Links

まとめ

ジャンがリアンハムスターの性格や、1人暮らしでの飼育道具についてお話をしてきましたがいかがでしたか?

以下に、内容をまとめてみますね。

・ジャンガリアンハムスターのオスとメスでは、性格が違う。

・オスは懐きやすいがストレスに弱い。メスはストレスに強いが神経質。

・1人暮らしの人は、夏の外出の際に室温に気を付けること。28℃を超えるようなら冷房を!

・保温グッズや保冷グッズを活用すること。

可愛くてよく懐くジャンガアリアンハムスターは、ペットとしておすすめですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.