犬の認知症は何歳に発症?ご飯を食べないと脳の活動が低下するから?

   

 

 

最近は空前のネコブームですよね。

管理人も猫派なのですが、

以前は犬のほうが人気でした。

 

最近では猫の人気の方はわずかに

越したらしいですね。

 

動物番組の数もかなり多くなっていますし、

猫カフェも大繁盛していますよね。

 

ただ管理人は小さい時に実家で

犬を買っていました。

 

そして老衰でペットロスしたわけですが、

調べてみるとどうも犬も認知症に

かかるらしいです。

 

そこでメカニズムや何でかかるのか?

年齢やご飯で関係するのか?

気になる情報をまとめてみます。

 

Sponsored Links

犬も認知症にかかるの?

 

 

認知症というと人間が歳を取った時に

発症してしまう病気として知られています。

 

なのでてっきり人間だけの

病気なのかと思っていました。

 

ただ犬も認知症にかかることが

わかっているらしいのです。

 

しかも犬も人間と同様に高齢になると

発症してしまう確率が高いです。

 

何歳に発症しやすい?

 

では発症しやすい年齢はあるのでしょうか?

14歳以上のわんちゃんでは約39%の

確率があるようです。

 

つまり三頭に一頭の割合で

発症してしまうことがわかります。

これは非常に高いですね。

 

16歳以上にいたっては61%ですよ。

 

最近は以前と違い医療技術や餌なども進歩していますので

14歳以上生きる確率も高くなっています。

 

なので犬の認知症が話題になってきているのだと

管理人は思います。

年々増加しているのもそれを表していると思います。

 

ちなみに認知症に発症しやすい犬種も存在します。

日本では柴犬とマルチーズが発症率が高くなっております。

 

Sponsored Links

ご飯を食べないのはやばい?

 

年齢を重ねてくるごとにご飯を食べない、

もしくは量が減ってくるわんちゃんがいます。

 

まあこれはしょうがないことではあるのですが、

それは認知症の要因にもなっているのです。

 

ご飯を食べないとやはり脳の活動が鈍くなってきます。

それにより認知症の発症に繋がってしまうということです。

なので食事はちゃんと食べさせてあげることが

大切だということ。

 

7歳くらいからちゃんと対策が

必要でご飯に栄養剤を混ぜたり

認知症用のご飯もあります。

【認知症/老犬用サプリメント】脳内革命 120粒
このようなサプリメントを

7歳くらいから与えておくことで

予防ができるわけですね。

 

少しのご飯しか食べない時でも

このようなサプリメントで

代用ができるというわけです。

 

まとめ

 

今回は犬の認知症について

発症の割合や年齢を調べてみました。

 

またご飯を食べない、もしくは少ないわんちゃんは

脳の活動の低下で認知症につながってしまうことが

あるようなのです。

 

なので予防するためのサプリメントも

存在することもわかりましたね。

 

可愛いわんちゃんをずっと元気で過ごさせてあげるのも

飼い主の大切な役割です。

 

癒されている分、飼い主さんも

ちゃんと可愛がってあげることが大切です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
 

 - ペット