31日間無料トライアル実施中!


遠藤航の武器・特徴やプレースタイルまとめ!海外の反応や中学高校時代の成績も!

こんにちは、numo33です。

遠藤航選手といえば、ロシアワールドカップにも選出された選手で、リオデジャネイロオリンピックの主将も務めた選手です。

そして最近では日本代表としても主にディフェンダーとして呼ばれている選手です。

今回はそんな遠藤航選手の武器・特徴やプレースタイルまとめ!海外の反応や中学高校時代の成績をまとめていきたいと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

遠藤航選手のプロフィールを紹介!

名前:遠藤航(えんどうわたる)

出身:神奈川県横浜市戸塚区

生年月日:1993年2月9日(25歳)

中学:横浜市立南戸塚中学校

高校:神奈川県立金井高等学校

プロ所属歴: 2011年~2015年 湘南ベルマーレ
       2016年 浦和レッドダイヤモンズ

ポジション:DF/MF

遠藤航選手の経歴

小学校1年生の時から本格的サッカーを始めた遠藤航選手。

小学校6年生の時に横浜マリノスジュニアユース入団テストでフォワードとしてテストに臨み結果不合格となったそうです。

その頃は、フォワードでありながら試合で得点を取り確実に勝てるような点差がつくと自ら志願して、キーパーになったり、ディフェンスに加わったりと当時からその柔軟なプレースタイルだったそうです。

しかし、中学時代から有名な選手というわけではなかったようです。

成績も1度、県大会でベスト8に入ったぐらいでした。

ただし、神奈川代表となって国体で優勝した経験があり、その経験からU-16の日本代表となります。

そんな遠藤航選手ですが、中学2年の時に湘南U-18の練習に参加したのが転機となりました。

当時の湘南U-18の『曺貴裁』(チョウ・キジェ)監督(現在は湘南ベルマーレの監督)に見出されて、才能を開花させます。

2010年の中学3年時に「湘南U-18」からオファーを受けます。

それからの2011年〜2015年まではは高校時代のユース年代も含めてずっと「湘南ベルマーレ」一筋でした。

2016年に浦和レッドダイヤモンズに移籍するまではずっと、湘南ベルマーレでプレーしていました。

また、各世代の日本代表にも選ばれています。

2009年、U-16日本代表
2010年、U-17、U-19日本代表
2011年、U-18日本代表
2012年、U-19日本代表
2013年、U-21日本代表
2015年、U-22日本代表のキャプテンに就任します。
2016年、リオデジャネイロオリンピックにキャプテンとして出場。

さらに日本代表としては下記のような経歴があります。

2015年の東アジアカップ
2016年のキリンカップ
2018年の欧州遠征、ワールドカップと招集をされました。

Sponsored Links
Sponsored Links

遠藤航選手の武器・特徴・プレースタイルとは?

遠藤選手のポジションは身長178cmと高くはないですがヘディングは強く
チームではセンターバックを務めます。

しかし、オリンピック世代の「U-23日本代表」ではボランチを務めていましたし、複数のポジションを高いレベルでこなせます。

本人はボランチで勝負したいと言っていることから、本来はボランチが一番したいポジションということが伺えます。

監督からすればこういう選手は使い勝手が良くしかもチームに貢献してくれるので重宝します。

ロシアワールドカップ選出の際、話題となった「ポリバレント」という言葉は遠藤航選手にとってはとてもぴったりな言葉です。

ここの才能を認められて、ロシアワールドカップ入りを果たしたのでしょうね。

そんな複数のポジションができる遠藤航選手ですが、浦和レッズでのポジションは主にセンターバックです。

U-23代表やA代表ではボランチもやっていますし、サイドバックをすることもあります。

いずれにしても守備的なポジションはほとんどこなせる「ユーティリティプレーヤー」と言っていいでしょう。

身長は178cmと守備のセンターラインとしては低い方ではありますが、ジャンプ力があって空中戦にはめっぽう強く、比較的身長が低いハンデを補っていける選手です。

さらにフィジカルも強靭で、体幹が強くてボディバランス能力に長けているため一回りも二回りも大きい外国人との球際勝負そう簡単には負けはしません。

とにかく体の入れ方、使い方が抜群に上手く、ハリルホジッチ前日本代表監督も「今一番デュエルで勝てているのは遠藤航」と評価していました。

フィジカルだけでなく守備における頭脳、サッカーIQが高い選手だと言えます。

そんなサッカーIQの高さはは浦和レッズのチームメイトの柏木陽介選手もお墨付きです。

遠藤航選手の奥様、息子や娘の名前は?

遠藤航選手は10代の時に結婚しており、現在すでに三人のお子様がいらっしゃいます。

遠藤選手が結婚したのは2013年の1月高校卒業して、19歳の時に一つ上の愛実さんという一般女性と結婚しています。

その時のコメントがこちら

また、遠藤航選手は現在25歳ながら3児のパパなんです!

左:長男・理玖(りく)くん、
右:長女・妃愛乃(ひなの)ちゃん
中:次男・理将(りお)くん

家族でディズニーにいっている微笑ましい写真もあります。
調べてみると、遠藤航選手はたくさんの家族との写真をツイッターやインスタグラムで見ることができ、家族で仲良く写真をとっているのがわかり、家族思いなのがよくわかります。

こんな早い段階から結婚したので、よく噂では「できちゃった婚じゃないのかな?」ということも流れていました。

しかし、遠藤航の落ち着きっぷりからしても、その噂を確証させるものが見当たらないですし、しっかりと熟考してから結婚したのではないかなと思わせるくらいの貫禄がありそうです。

遠藤航選手は、息子がプロに上がるくらいまで頑張って、一緒にプレーしてみたいという夢があるそうです。

息子さんがプロにあがるまであと10年以上くらいはプロを続けたいと思っているようで、まだまだ遠藤選手は長く活躍してくれそうですね!

Sponsored Links
Sponsored Links

遠藤航選手に対する海外の反応

遠藤航、柴咲岳、武藤嘉紀について少し述べておくと、4年前に彼らはとても才能豊かで、今回のワールドカップでも活躍すると思っているよ!

このように注目している人も少しいたのですが、まだまだ遠藤航選手が海外で認知されていないようで、ほとんど遠藤航選手について話していることは見られませんでした。

今後のロシアワールドカップでの活躍や、海外移籍をしたらもっと注目されるかもしれませんね!

遠藤航選手の中学校や高校時代の成績は?

上記の経歴の欄にもありますが、現在では有名な遠藤航選手ですが、中学時代から有名な選手というわけではなかったようです。

所属していた横浜市立南戸塚中学校で成績も1度、県大会でベスト8に入ったことはありました。

遠藤が入学する1年前まで、部にはゴールもなく休止状態だった。「チームには初心者もいて。航も『地域では上手な子』くらいの印象でした

引用元

南戸塚中(横浜市)時代の恩師、大野武さんより、元から上手な中学生だったけど、まだまだ才能に目覚めているわけでないということが伺えます。

遠藤航選手自身もインタビューで答えていますが、国体で優勝したことで遠藤航選手の転機となります。

16歳以下の国体少年の部で、神奈川代表のキャプテンを務めて優勝できて、その直後にU-16日本代表に選ばれた遠藤航選手。

その中学の試合に、当時湘南ユースを率いていた曺貴裁(チョウ・キジェ)監督(現 湘南ベルマーレ監督)が訪れていたお陰で目に留まりました。

遠藤航選手は、神川県立金井高等学校に進学しますが、高校時代は湘南ベルマーレのユースに入ってプレーを続けました。

高校2年の時に出場した2009年国民体育大会では、神奈川県少年選抜のキャプテンとして、優勝を経験しました

また同年にはU−16日本代表に選出され、世代別代表ながら、日の丸を背負うまでになりました。

ちなみに、大学は湘南ベルマーレのトップチームに昇格しなければ、神奈川大学へ進学する予定だったのですが、昇格したことにより大学進学は断ったとのことです。

遠藤航選手は中学時代に恩師に出会えたことにより、DFの素質を目覚めさせてもらって、曺貴裁監督によって才能をメキメキと伸ばしていったことが伺えますね!

それ以降はまさにエリート街道といったところでしょうか。

まとめ

遠藤航選手はロシアワールドカップに召集され、期待がかかる選手です。

ロシアワールドカップで初出場して、ぜひともユーティリティープレイヤーとして活躍し、頭脳的なプレーを見せていただきたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.