31日間無料トライアル実施中!


黒後愛(日本代表)と宇都宮大学の関係は?家族構成や姉と母親が美人って本当?

黒後愛選手は、日本のバレー選手。

チャーミングな笑顔の持ち主の若きエースで「絶対エース」なんて呼ばれ方をしているほどです。

今回はそんな黒後愛選手について、宇都宮大学との関係や気になる家族構成について。

お姉さまやお母さまがとっても美人だという噂についての真実などを紹介していきたいと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

黒後愛選手のプロフィール

まずは黒後愛選手のプロフィールについてご紹介します。

一体どんな選手なんでしょうか。

・名前:石井 優希(いしい ゆき)

・性別:女

・出身地:岡山県倉敷市

・生年月日:1991年5月8日

・身長体重:180cm/68kg

・所属:久光製薬スプリングス

お父様はバレーボール部監督、お姉さまもバレーボールの選手というバレー一家に生まれ、8歳の頃からバレーボールを本格的に始めたそう。
小さなころからの努力で成績を残し、中学三年生の時には自らのチームが2回戦敗退しているのにもかかわらず、若いころから優秀選手賞をもらったりなど輝く成績の持ち主です。

高校生になるとその実力は更に発揮され数々の賞や勝利を獲得、実力を更に成長させていきました。

現在でも最優秀新人賞を獲得したりなど輝かしい成績を残しています。

全日本代表メンバーに選ばれたのも最年少

#黒後愛 #torayarrows #東レアローズ #volei #photographer #nikonshot

A post shared by RioGraph.jp (@riograph.jp) on

黒後愛選手は現在、前日本代表メンバーに選ばれており2020年のオリンピック出場も確定と言われていますが、実は最年少で前日本代表メンバーに選ばれている選手でもあるんです。

元々からバレボールーの才能があるというのはもちろんですが、180cmという身長もバレーボールにはピッタリ。

この身長でかなりのジャンプ力をお持ちだそうで、高校生の頃は記録を残していたりするんです。

動画を見ても、黒後選手の活躍っぷりには驚くほどです。

私が始めてみたのはたしかミライモンスターだったと思います。

笑顔が可愛く試合になると真剣なまなざし、ギャップ萌えしたのを思い出します。

やはり今後の木村沙織元選手の後継者としては申し分ないとおもいます。

ぜひ全日本を中心にがんばってほしいですね。

Sponsored Links
Sponsored Links

宇都宮大学との関係

黒後愛選手は高校を卒業してから大学に進学することなく東レ・アローズに所属しているため、どこかの大学との関わりなんてないのでは…?と思いますよね。

しかし実はそんなことは無く、黒後愛選手と宇都宮大学の間にはちょっとした関わりがあるのです。

なのでここからは黒後愛選手と宇都宮大学の関係についてご紹介していきたいと思います。

お父様が教授をされている

黒後愛選手のお父様は黒後洋(ひろし)さんというそうで、冒頭でも紹介した通りバレーボール部監督。

そのバレーボール部というのが、宇都宮大学のバレーボール部で、このチームを大きく成長させた名匠としても知られています。

その関係もあって黒後愛選手はバレーボールをはじめたんですね。

そもそもお父様は宇都宮大学で「体育学」の教授をされているんだそうで奥様(黒後愛選手のお母さま)も、バレーボールをされていたそうですよ。

お姉さまもバレーボール選手

更に、黒後愛選手はお姉さまもバレーボール選手。

お姉さまは5歳上で綾乃(あやの)さんというお名前。

黒後愛選手と同じくかなり若いうちからバレーをしていたそうで高校卒業後は宇都宮大学に進学しているそうです。

つまり宇都宮大学へ進学してお父様の元でバレーをしていたということですね。

黒後家は、まさしくバレーボール一家だと言えるでしょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

姉と母親が美人って本当?

先ほど紹介した通り、黒後愛選手には元バレーボール選手のお姉さまがいらっしゃいます。

お母さまとお姉さまが美人と噂されていたので調べてみたのですが、現在の写真は見つかりませんでした。

しかしお姉さまはバレーボール選手ということもあり選手時代のお写真があるそうで、写真を見る限り黒後愛選手によく似た笑顔が素敵な女性であることが伺えます。

現在お母さまとお姉さまがどういった活動をしているのかはわかりませんが、黒後愛選手を応援していることに間違いはないので、TVなどで試合が放送された時や、試合を見に行った際などに目にすることがあるかもしれませんね。

まとめ

黒後愛選手についてお伝えしましたが、いかがでしょうか。この記事をまとめると

・黒後愛選手は幼いころから活躍しているバレーボール選手
・最年少で前日本代表メンバーに選ばれた選手
・お父様が宇都宮大学の教授
・お姉さまが宇都宮大学バレーボール部に所属していた
・お姉さまは黒後愛選手ににた笑顔が美人な女性

2020年のオリンピックの時には更に成長した、明るさも可愛さも更にパワフルになった黒後愛選手を見れるのではないでしょうか。

今回はいろんな面で彼女を調べてみましたが、どんなバレー選手でも共通して言えるのは競技にむかって親権であることと私生活が意外とかわいいということである。

アスリートとはいえ1人の女性です。

私には全く縁はないですが、かげながら応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください