脳リンパ腫の症状や生存率は?余命や放射線治療の治療方法を調査!

 

脳リンパ腫という病気を

ご存知でしょうか?

10万人に1人の発症率と言われる

非常にまれな脳の病気みたいですが

どのような病気なのか

調べてみました。

 

Sponsored Links
Sponsored Links

脳リンパ腫の症状や生存率は?

 

脳リンパ腫とは中枢神経系原発悪性リンパ腫(PCNSL)の

事であり全身のリンパ系に発生する「悪性リンパ腫」の

なかでも脳や脊髄をメインに発症する病気です。

 

悪性リンパ腫というと

かなりの思う病気であると

管理人でも知っているくらいの

病気ですがそれが脳にできるという

イメージでまずはよいかもしれませんね。

 

基本的には50歳以上の患者さんが多いですが

まだ詳しいことがわかっておらず

なぜそのような傾向があるのか?

どこで発生して脳に到達するのかも

わかっていないのが現状です。

 

中枢神経系原発悪性リンパ腫(PCNSL)の

症状としては麻痺、言語障害、痙攣など

体が自由に利かなくなる症状が発生するようですね。

 

脳リンパ腫の余命や放射線治療の治療方法は?

 

中枢神経系原発悪性リンパ腫(PCNSL)の余命ですが

1年~2年くらいといわれている医学書もありました。

ただ進行を遅らせるための

放射線治療が主な治療方法ですね。

効き具合も患者によってさまざまらしく

一概には言えませんね。

 

外科的な腫手術ができないところに

発症するため放射線治療では

それを小さくする治療を

メインに行います。

 

Sponsored Links
Sponsored Links

松方弘樹が脳リンパ腫を発症!

 

中枢神経系原発悪性リンパ腫(PCNSL)を発症された方として

松方弘樹さんがおられるようです。

 

釣りすきで梅宮辰夫さんと

一緒に釣りをしているイメージが

大きいですが、去年の1月くらいに

入院されているようですね。

 

今回は気になった中枢神経系原発悪性リンパ腫(PCNSL)

といわれる脳リンパ腫を取り上げました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)