ミンネ(minne)で破損トラブルや届かない場合どうする?送料や手数料を抑えるコツも

こんにちは、管理人です。

みなさん、ハンドメイドで何か作ったことがありますか?

管理人はそのようなセンスがないので作れないのですが、現在では作ったものを手軽に販売できるプラットフォームが確立されています。

そのなかでもミンネ(minne)という会社は大手だと思います。

管理人はここで彼女へのピアスを買ったりしました。

そこで今回はそんなミンネを利用している際に気になる破損トラブルや届かないときの対応についてまとめてみます。

Sponsored Links
Sponsored Links

ミンネ(minne)って何?

「ミンネ」はハンドメイド作品の購入・販売を仲介するサービスです。

「メルカリ」でも出品できますが、ミンネはハンドメイド作品のみと、手作りに特化しているアプリです。

「アクセサリー」「ニット・編み物」などの手芸系から、「家具・雑貨」や「おもちゃ」「アロマキャンドル」「アート・写真」などもあります。

その種類は実に豊富です。2016年からは「食べ物」というカテゴリーが加わりました。

クッキーやマフィン・ケーキといったスウィーツや、ピクルス・梅干しまであり、まさに「手作り」のものが一挙に集まったマーケットといえます。

楽天市場みたいな感じですね。

出品している作家さんにインタビュー

ミンネに出品している知人に話を聞きました。

彼女は50歳主婦。パートで仕事をしながら、趣味で去年からミンネに出品し始めたそうです。

もともとパソコンをさわる習慣がないため、だんだん新しいものを載せる意欲がなくなったと言います。

『あれはやっぱり本気でやっている人やスマホを一日に何度も見る人じゃないとキビシイね~。』

なるほど、頻繁に新しい作品を出品して、魅力的な写真でいかに演出するか、そういう努力が必要なわけですね。

『売れたとしても連絡や配送しないといけないからマメな人じゃないとね。私はちょっと面倒くさがりだから向いてないかも。』

ということでした。

つまり作る努力はあっても、その後のアフターフォロー、発送作業などやることもやることが多いため面倒とかんじる人もいるんですね。

ミンネでの破損トラブルはどう解決する?

配送か、梱包に問題があったと考えられます。(作家さんも壊れたものを送るようなことはしないと思いますので)

しかし、先ほど紹介したような、配送することに慣れていない人もいるかもしれません。

梱包が甘いという場合は、すぐに写真を撮りましょう。

そして早急に連絡を取ります。

購入者にまったく非がない場合はおそらく販売した人も誠意のある対応をしてくれると思います。

また、購入する側も、補償のある配送方法を選択するなど、トラブルを未然に防ぐようにしましょう。

買ったものが届かない場合

ほとんどないトラブルだと思いますが、ハンドメイドの為まだ作品が出来上がっていない場合があるかもしれません。

作家さんと納品期日をあらかじめしっかり確認しておくと良いでしょう。

あまりに遅い場合は連絡し、配送などに問題がないかを調べてもらいましょう。

クーリングオフ対象外

破損などの理由以外(サイズが合わない、イメージと違うなど)での返品は基本的にできません。

ご存知だと思いますが、ミンネに限らず通信販売は(電話勧誘販売に該当する場合を除き)法律上のクーリングオフ制度はありません。

お店に行かずに購入できる利点を自らが選択しているわけですから、自己責任となります。

特別な場合を除いて返品はできないと思って、購入しましょう。

また販売者も、お手軽にできるとはいえ、お金が発生することです。

中途半端なことはできないのでそれなりの責任をもって出品しましょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

送料と手数料をおさえるコツ

送料は購入者が支払います。

品物によって箱のサイズも違いますし、住んでいる地域も違うので、金額の確認はきちんとしましょう。

2017年9月より、作家さんごとに「送料無料」設定ができるようになっています。(「○○円以上で送料無料」という具合です)

送料がかからずお得にお買い物ができるかもしれません。

無料設定をする・しないは作家さん次第なので、そういうお得な設定をしている人を探せると嬉しいですね。

ただ、代引の場合は代引手数料が別途かかるのでご注意ください。

手数料はかかるの?

購入方法は、クレジット・キャリア決済・コンビニ払い・銀行振込・ゆうちょ振替・代引で支払うことができます。

その際かかる振込手数料は購入者が負担となります。

銀行振込の場合、手数料の金額は銀行によって違います。

ATMから振り込む方が安くなることもあるのでよく調べましょう。

また、コンビニ決済の決済手数料は150円ほどかかります。

唯一、手数料がかからないのはクレジットカードです。

カードのポイントもつくので一番お得なのでは?

まとめ

ミンネのサービスが始まったのが2012年からということで、業界の中では比較的新しいマーケットアプリといえます。

今後いろいろな問題を解決しながら、利用者にとってますます有益なシステムに変化していくのでは?と期待しています。

何事もセネットで買う時代に突入しつつあります。

アマゾンや楽天市場など買い物できるサービスはもっと活発になってくることでしょう。

その中でトラブルに巻き込まれないよう顔が見えない分、十分すぎるくらい慎重なるべきだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)