31日間無料トライアル実施中!


ホテルのアメニティ(海外)持ち帰りOKとNGなものは?ブランド物の消耗品でも大丈夫?

こんにちわ、管理人です。

仕事やプライベートで海外のホテルを利用する際に、いろいろと調べてみる基準みたいなものが皆さんにあると思います。

シングル・ダブル・ツインといった部屋のタイプ、そしてテレビ、冷蔵庫、セーフティボックス(金庫)やWi-Fiの接続環境といった設備。

加えてアメニティ無料又は有料といった情報がホテル案内のサイトなどでよく見かけますよね。

私はアメニティと部屋のきれいさでよく見るのですが、海外旅行でホテルを利用する際、いいアメニティに出会うことがあります。

ところで「アメニティ」っていったい何のことかご存知でしょうか?

そこでアメニティについて説明するとともに、海外のホテルのアメニティって持ち帰ってもいいのか?

わかる範囲でまとめてみます。

アメニティって何?

一般的にホテルで使う「アメニティ」とは「快適さを付加するサービス」と言われています。

具体的にはシャンプー、リンス、ボディソープ、、バスソルト(入浴剤・岩塩)、ヘアネットといったグッズが海外でも主流のアメニティとされています。

また、これらのほとんどが専用バスルームに備え付けられていることから「バスアメニティ」という表現が使われている場合もあります。

その他スリッパ、ボールペン、便箋も部屋に備え付けのアメニティとしては人気のグッズです。

ホテル側の事情として、アメニティグッズが宿泊客に気に入ってもらうことにより、ホテル自体の好感度がUPするといったメリットもあります。

なので最近では高級ホテルに限らずいわゆるデザイナーズアメニティといったブランド物を扱っているところも増えているようです。

アメニティって持ち帰れるの?

そこで気になるのが、これらのアメニティって持ち帰りができるの?ということです。

持ち帰りが可能なグッズ、その判断基準になるのは

使い切りタイプの小さなボトル

封が切られたら入れ替える又は捨てられるようなグッズ

個別包装のもの

総じて消耗品であること

といった条件に集約されそうです。

素敵な香りのソープやかわいいデザインのアメニティグッズは思わず持ち帰りたくなりますよね。

何よりも旅行の素敵な思いでにっていうことで持ち帰る人も多いようです。

アメニティが無料であっても、有料であってもこの判断基準に当てはまる場合はそのほとんどが持ち帰りができるということですね。

実際に持ち帰り可能なアメニティにはこんなものがあります。

持ち帰リ可能なように小さなパッケージに入ってます。

条件に見合うものって?持ち帰りNGなのは?

一方で殆どのホテルでは、清潔さを保つためにハウスキーピング(室内清掃)が実施されています。

清掃の人は、封の空いたボディソープやシャンプー、歯ブラシなどを差し替えたり捨てることがマニュアル化されているようです。

つまり捨てるということは基本的には持ち帰りOKということで、こんな時は持ち帰った方がお得ですよね。

それとは反対に持ち帰りNGなグッズとは、

中身だけ入れ替えるようなシャンプー、リンス、ボディソープ類や

個別包装されていないフェイスタオルやバスタオル、バスローブなど

備え付けのハンガーなどに架かったいわゆる備品と称されるものは基本的に持ち帰りNGです。

わかりやすい判断基準として例えば、「クリーニングにより再度使うことができるような物」といった基準の見方が参考になるかと思います。

これは海外でも同様の判断でOKです。

例えばこのような大き目のボトルに入ったもの、備え付けの大き目のタオルは持ち帰り不可です。

まとめ

大切なことですが、持ち帰りNGのアメニティを勝手に持ち帰ったことによりホテル側から後日請求がくることもあります。

ひどい場合には窃盗扱いになったりする場合があり、一方でそのようなリスクのことも充分に考えたいですね。

ここがポイントですが、どうしても判断ができない場合は自分で勝手に決めずに、迷わずフロントに尋ねてみることをお勧めします。

結局、持ち帰ったことはホテルの人は絶対わかります。

ふとしたトラブルにより、せっかくの楽しいはずの海外旅行が嫌な思い出になることだけは避けたいですよね。

素敵なホテルで気に入った持ち帰りのアメニティグッズを上手に収集するのも海外旅行の醍醐味かもしれませんね。

では素敵な旅行を。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)