Sponsored Link

矢作穂香の妊娠騒動や歴代の彼氏・元カレを調査してみた!売名行為って本当?

大人気少女漫画原作のドラマ「いたずらなKiss〜Love in TOKYO」に出演し、一躍名を広めた矢作穂香さん。

その後はニューヨーク留学を経験し、女優としてさらなるステップアップをしました。

帰国後は、芸名から本名に改名し、新たなスタートを切りました。

改名後は2年ぶりにドラマ「今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?」で主演を務めました。

2019年には、注目ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」に出演します。

これからの活躍が注目される矢作さんですが、過去には妊娠騒動などの気になる噂がありました。

そこで今回は、矢作穂香さんの妊娠騒動や恋人・また改名の理由についても調べてみました。


Sponsored Link

この記事は大体こんな感じ!

矢作穂香・プロフィール

名前矢作穂香(やはぎほのか)
旧芸名未来穂香(みきほのか)
生年月日1997年3月7日
出身千葉県
身長 155cm
血液型B型
職業女優・ファッションモデル
事務所研音
引用元Wikipedia

View this post on Instagram

💋 #こん抱き #僕キセ #今夜放送 #観てね

矢作 穂香さん(@honoka_yahagi)がシェアした投稿 –

矢作穂香さんは2008年、小学6年生の時にスカウトされ、2009年から「ラブベリー」の専属モデルの活動を始めました。

当時はエヴァーグリーン・エンタテイメントに所属し、未来穂香という芸名で活動していました。

矢作さんは2010年のテレビドラマ「夢の見つけ方教えたる2」で女優デビュー。

また2010年11月公開の映画「マリア様がみてる」では主演を務めました。

2012年には、「2013年に確実にブレークする女優」ランキングで1位となりました。

2013年には、人気漫画を原作とした「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」で、ドラマ初主演を果たしました。

このドラマは海外でも配信され、中国では大好評を得ました。

2014年8月末には、契約満了によりエヴァーグリーン・エンタテイメントを退社。

女優の勉強のために、2015年10月からニューヨークへ留学。

2016年3月に帰国した後、大林宣彦監督から直々に映画「花筐/HANAGATAMI」への出演オファーを受けました。

2017年4月1日から、現在の事務所である研音に所属。

最近では、テレビドラマ「僕らは奇跡でできている」や、配信ドラマ「今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?」などに出演。

2019年には1月スタートのドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」に出演することが決まっています。


Sponsored Link

妊娠騒動?

矢作さんには「妊娠した」という噂がありました。

もちろんこれは本当の話ではなく、デマです。

では、なぜこのようなデマが流れてしまったのでしょうか。

経緯を調べてみました。

①大人気ラブコメに出演

矢作さんは2013年にドラマ「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」に出演しました。

このドラマは、大人気ラブコメの「イタズラなKiss」が原作です。

主人公は不器用な女子高校生の相原琴子。

作品内では、琴子と、頭脳明晰でスポーツ万能でクールでイケメンな入江直樹との恋愛模様が描かれています。

二人の恋愛関係や、入江直樹のクールな態度や言動が女心をくすぐり、現在でも女性の間で大人気の作品です。

1996年に初めて国内でドラマ化されました。

国内だけでなく、2005年には台湾で、2010年には韓国でもテレビドラマ化されました。

台湾では年間最高視聴率を取得するほど大人気となり、続編も製作されました。

そして2013年に日本でオリジナル要素を含めて再ドラマ化されました。

矢作さんはこのドラマで主人公の相原琴子を演じました。

恋愛ドラマや恋愛映画に出演した女優にとってはつきものですが、矢作さんはドラマで入江直樹役を務めた古川雄輝さんとの仲が噂されました。

②事務所を退社

「イタズラなKiss〜Love in Tokyo」で主演を務めた矢作さん。

ドラマは続編も製作されました。

矢作さんは、このドラマに出演した直後、2014年8月末に所属していた事務所エヴァーグリーン・エンタテイメントを辞めています。

そこで、ドラマに出演してからすぐに辞めたということと先述の古川さんとの噂も相まって、妊娠して事務所をクビになったという噂が出てきたようです。

しかしながら、矢作さんの事務所退社は契約満了による円満退社です。

そのことを知らない一部の人が、妊娠してクビになったというデマを流したのが広まってしまったようです。

歴代の彼氏は?

前述の通り、矢作さんは共演した古川雄輝さんとの仲が噂されました。

共演者と噂されるのはよくあることです。

では、矢作さんと古川さんは交際していたのでしょうか。

二人は、ドラマでは恋人関係を演じていました。

撮影中にもお互いに「ほののん」「ふるぽん」と呼ぶなどして、仲の良さをうかがわせていました。

また、Twitterでもお互いにやり取りをするなどもしていました。

ドラマ内でもキスシーンが多くありました。

こうしたことから、二人は実際に交際しているという噂が立ちました。

しかし、古川さんは「プライベートでは連絡を取っていない」と否定しました。

なので二人はただ仲の良い関係だったのではないでしょうか。

Twitterでのやり取りも、仲良しの友達のような関係でのやり取りだったのでしょう。

改名の理由

矢作さんは2015年、女優としてステップアップするためにニューヨークへ留学しました。

その後、2016年3月に帰国しました。

帰国後すぐに、大林宣彦監督から、映画「花筐/HANAGATAMI」への出演オファーを直接受けました。

矢作さんは大林監督と初対面した際に、「両親からもらった名前を大切にしなさい」という助言を受けました。

そして、芸名の未来穂香から、本名である矢作穂香に改名することを決めました。

矢作さんの改名は、大林宣彦監督がきっかけだったようです。

まとめ

矢作さんは「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」に出演し、一躍有名となりました。

そのドラマで共演した古川雄輝さんとは恋愛の噂も立ちました。

恋愛作品に出れば、このような噂は必ずと言っていいほど出てきます。

しかし、古川さんは矢作さんとの関係を否定しています。

矢作さんは、このドラマに出演した直後に、所属事務所を退社しました。

出演直後のタイミングや、恋愛の噂から、妊娠したというデマも流れてしまいました。

改名した理由は、大林宣彦監督のアドバイスでした。

ひどいデマを流された矢作さんですが、2019年にはドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」に出演します。

このドラマは大人気の少女漫画が原作です。

「イタズラなKiss」も少女漫画が原作でした。

矢作さんは「イタズラなKiss」に出演し人気となりましたが、今回も人気を広げられるのか楽しみです。

また、今後は留学経験を活かして、海外でも活躍できると良いですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)