BiSHのグループ名の意味や衣装が独特すぎる!メンバーのプロフィールも紹介!

6人組の女性アイドルグループ「BiSH」。

「楽器を持たないパンクバンド」と呼ばれ、大規模ステージでの

ワンマンライブを次々成功させる今大注目の人気グループです。

そんなBiSHのグループ名の意味、独特なステージ衣装、

メンバーそれぞれのプロフィールを調査して

BiSHの魅力に迫っていきたいと思います!!

Sponsored Links
Sponsored Links

BiSHとは

まずは簡単にBiSHについてご紹介します。

BiSHのプロフィール

2015年結成。

2016年1月にavexからメジャーデビュー。

2016年5月メジャー1stシングル「DEADMAN」リリース。

2016年10月メジャー1stアルバム「KiLLER BiSH」リリース。

2017年7月幕張メッセでのライブを開催。全席SOLD OUTとなる。

2018年5月横浜アリーナでのワンマンライブを成功させる。座席は全席SOLD OUT。

2018年12月第60回輝く!日本レコード大賞で新人賞受賞。

グループ名の意味

BiSHとは、「Brand-new idol SHiT」(新生クソアイドル)の略です。

そもそもBiSHには、その前身と言える「BiS」というグループが存在しました。

1stシングルで樹海を全裸で走り回る”全裸MV”を発表したかと思えば、

スクール水着で客席にダイブ、握手会ではなくハグ会など、

過激な映像やパフォーマンスで「今揉めるアイドル」と話題になりました。

そんなBiSが2014年7月に解散。

BiSのマネージャーだった渡辺淳之介さんの一言で

新プロジェクトが始まり、BiSHが誕生しました。

BiSの個性的な話題作り商法を受け継ぎ、

メンバーが排泄物のような液体をかけられるMVなど、

衝撃的な話題作を世に送り出します。

正統派アイドルでないスタイルを貫く形から

「新生クソアイドル」という肩書きを掲げ活動してきました。

しかし、avexからメジャーデビューが決まった際に、

「avexに失礼」という理由からクソアイドルの肩書きを捨て、

現在は「楽器を持たないパンクバンド」という肩書きで活動しています。

独特な衣装たち

BiSHはその衣装が独特であることも度々話題になります。

まずはこちら。

肩の部分が鎧のようになっており特徴的ですね。

色使いも青、赤、黒とアイドルにしては暗めな印象です。

こちらは大きな襟が特徴的な衣装です。

黄、赤、青、黒と先ほど同様原色を組み合わせたような色使いです。

デザインもそうですが色使いもBiSHならではの特徴があるようですね。

正統派アイドルのような可愛らしいイメージの衣装ではなく、

デザイン性の高い個性的な衣装が多いようです。

そんなBiSHの衣装デザインを担当しているのが

写真家であり、デザイナーでもある外林健太さん。

外林さんはPerfumeのファンで、

「モーニング娘。等の王道のアイドルっぽいものより、
Perfumeのスタイリッシュなほうが好きだったので、そういう方向で作りたいと思っていた」

と語っています。

確かにPerfumeと言われると通じるものがあるように感じますね!

メンバー紹介

それではBiSHのメンバーそれぞれのプロフィールをご紹介したいと思います!

アイナ・ジ・エンド

View this post on Instagram

8枚目💓 #アイナジエンド #アイナ #BiSH

kawaiiyanさん(@idol_aka_desu)がシェアした投稿 –

本名飯谷愛菜
生年月日1994年12月27日
身長159センチ
出身大阪府

アイナ・ジ・エンドという名前には、BiSHになる前の自分を終わりにする

という意味があるそうです。

新しく生まれ変わりたいという気持ちから命名したのかもしれません。

ハスキーボイスがとても魅力的で、音楽業界でも話題になるほど。

その魅力的な声でソロデビューも果たしています。

セントチヒロ・チッチ

生年月日5月8日
身長152センチ
出身東京都

BiSH結成前はアイドルグループ「強がりセンセーション」に所属

アイドル活動をしていたセントチヒロチッチさん。

可愛らしい見た目とは裏腹に、ライブでの激しいパフォーマンスなど

見た目とのギャップが印象的です!

モモコグミカンパニー

View this post on Instagram

. #モモコグミカンパニー #BiSH

@ bishling__がシェアした投稿 –

生年月日9月4日
身長147センチ
血液型O型

可愛らしい身長が特徴的で、BiSHのマスコット的存在です。

BiSHの曲の作詞を多く担当し、その才能を発揮しています。

そして2018年3月には自身初の著書「目を合わせるということ」が発売されました!

BiSHのこれまでがモモコグミカンパニーさんの目線で書かれています。

作詞を担当していることもあってか、文才もあるのですね!

ハシヤスメ・アツコ

生年月日9月27日
出身福岡県

メガネ姿が特徴の、モデルのような美貌を持つハシヤスメ・アツコさん。

凛とした姿が印象的ですが、実はBiSHのお笑い担当でもあります。

元々、地下アイドル「Fleur(フルール)」として活動していました。

当時は「倉本あおい」名義で活動していましたが、

これが本名なのかは分かりませんでした。

リンリン

View this post on Instagram

. #リンリン #BiSH

@ bishling__がシェアした投稿 –

生年月日1900年3月9日(公式ツイッターより)
出身静岡県

BiSHでの担当は「無口」

ということで取材などでもほぼ発言せず、担当を全うされています。

しかしライブでのシャウトは普段のリンリンさんからは想像できないほどのもの!

これは一度見ていただきたいです。

アユニ・D

View this post on Instagram

癒し #bish #アユニd #wack #idol #清掃員 #清掃員さんと繋がりたい

ryope@清掃員さん(@bish_ayuni.d)がシェアした投稿 –

生年月日10月12日
血液型A型
身長160センチ
出身北海道

2016年8月に加入したBiSHの中では一番新しいメンバーです。

初お披露目の際に、セントチヒロ・チッチさんの

「僕の妹がこんなに可愛いわけがない」担当をいただくほど、

ピュアで純真無垢なイメージが強いです。

ベースボーカルとしてソロデビューも果たしています。

まとめ

アイドルらしからぬグループ名の意味に、

衝撃的なMVや独特な衣装に個性的なメンバーたち・・・

BiSHの魅力を少しでもお伝えできたでしょうか?

今後もどんなパフォーマンスを披露してくれるか楽しみですね!

引き続き応援していきたいと思います!!

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)