青山敏弘の兄弟や父親もサッカー選手なの?性格は温厚だがプレースタイルは情熱的!

ハリルホジッチ監督から西野朗監督に変わったサッカー日本代表。

西野新監督によって「サプライズ選出」ともなった青山敏弘選手の起用。

青山選手が代表に選ばれるのはおよそ3年ぶりになります。

サンフレッチェ広島ではキャプテンを務め、日本代表での活躍も期待される青山選手。

一体どんな人物なのでしょうか?

プロフィール

・青山敏弘(あおやまとしひろ)

・生年月日  1986年2月22日(32歳)

・出身地  岡山県倉敷市

・身長 174cm

・体重  75kg

・ポジション  MF

・所属  サンフレッチェ広島

青山敏弘選手は岡山県倉敷市出身。

小学校1年生の時にサッカーを始めます。

高校は岡山県作陽高等学校に入学しました。

2年生の時に出場した第81回全国高等学校サッカー選手権大会の岡山県予選の決勝戦でゴールを決めましたが、誤審により認められませんでした。

結果、試合に敗れてしまいました。

3年生になるとサンフレッチェ広島の特別指定選手に選ばれました。

そして高校卒業後2004年にサンフレッチェ広島に入団することとなりました。

プロ1年目はあまり出場機会が与えられず、2年目には左膝前十字靭帯断裂の怪我を負い苦しみました。

3年目に監督がミハイロ・ペドロヴィッチにかわり、ボランチとして起用され活躍。

2007年に北京オリンピックアジア予選のメンバーに選ばれました。

青山選手の活躍で予選突破を決めるも、試合中に怪我を負い、広島での試合も欠場することとなってしまいました。

結果、チームはJ2に降格となってしまいました。

しかし翌年の2008年はチームでも活躍、J1昇格を決めます。

残念ながら北京オリンピック代表には選ばれませんでした。

2012年には広島のJ1での初優勝を果たし、自身も初めてJリーグベストイレブンに選ばれるなど大活躍。

2013年には東アジアカップのメンバーとして初めて日本代表入り。

代表として初めて中国戦に出場しました。

2014年にはチームキャプテンに就任、ブラジルW杯のメンバーにも選出。

W杯では1試合のみの出場で思うような活躍ができませんでした。

2015年にはJALチャレンジカップでのウズベキスタン戦で代表初ゴールを決めました。

そしてロシアW杯を前に3年ぶりに日本代表に招集されました。

静かな闘志が感じられ期待が持てます。

ちなみにフィギュアスケートの高橋大輔さんとは保育園から中学校まで同じだったようでとても仲が良いそうです。

兄や父親もサッカー選手?

青山選手にには兄がいて、青山裕高さんといいます。

裕高さんは2007年までファジアーノ岡山でDFを務めていました。

現在は倉敷翠松高等学校サッカー部の監督を務めています。

昔は弟の青山選手と比べられるのが嫌だったようですが、今はなんともないようです。

そしてお父さんですが、どうやら一般の方のようです。

性格やプレースタイル

青山選手はとても優しくて面白いとファンから大人気です。

またファンサービスも素晴らしいようです。

青山選手は中盤での運動量や素早い判断力が評価されています。

その運動量はペドロヴィッチ監督から「エンジン」と言われるほど。

またキックも正確で63mからのゴールを決めたこともあります。

ゴールの真ん中に入っていて素晴らしいですね。

まとめ

・青山敏弘は岡山県倉敷市出身のサッカー選手

・フィギュアスケートの高橋大輔さんとは幼馴染で仲が良い

・高校卒業後、サンフレッチェ広島に入団

・3年目にミハイロ・ペドロヴィッチ監督にボランチとして起用され活躍

・2012年にはチームをJ1初優勝に導き、Jリーグベストイレブンにも選ばれた

・2014年にチームキャプテンに就任し、ブラジルW杯にも出場した

・2015年の試合で代表初ゴール

・兄は元ファビアーノ岡山のDF青山裕高

・性格は優しくて面白い

・ファンサービスがよく、大人気

・「エンジン」と称されるほどの運動量、素早い判断、正確なキックが武器

西野監督のサプライズにより3年ぶりに代表に召集された青山選手。

ファンも久々の代表招集で嬉しく思ってるでしょう。

監督が交代しサッカーファンは心配しているでしょうが、青山選手の力やリーダーシップで日本代表をまとめて欲しいですね。

そして最終メンバーに残って、W杯で活躍して欲しいです。

まずは初戦の活躍に期待ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)