31日間無料トライアル実施中!


上白石萌音って兄弟に姉や兄がいるの?家族構成や帰国子女って本当?英語力や演技力の評判も

皆さんは上白石萌音さんを知っていますか?

中学生の頃から芸能活動を始めた上白石さんは、キャリアも長く、実力も抜群です。

演技や歌唱力の評価も高く、今注目の女優・上白石萌音さん。

歌手として、音楽番組やライブに出演したりと、音楽活動も本格的。

現役大学生で、大学では英語教育に力を入れてることから、その英語力も気になるところです。

そこで今回は、上白石萌音さんの英語力や演技力について調べてみました。

また、家族についても調べてみましたので、ぜひ最後まで読んでみてください。

Sponsored Links
Sponsored Links

上白石萌音・プロフィール

名前上白石萌音
生年月日1998年1月27日
出身鹿児島県鹿児島市
職業女優
身長152cm
血液型AB型
事務所東宝芸能
引用元Wikipedia

上白石萌音さんは2011年の第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞し、芸能界入りしました。

その年の9月には HOME MADE 家族の「スターとライン」のMVに出演。

11月にはNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」でドラマデビューを果たしました。

2014年には映画「舞妓はレディ」で主人公を演じました。

この役は、800名を超えるオーディション参加者の中で勝ち取った役でした。

上白石さんは、女優以外にも、声優や歌手やナレーターとしても活動しています。

人気劇場アニメ「君の名は。」ではヒロインの声を担当しました。

歌手としては、「君の名は。」の主題歌や、他の名作映画の主題歌・挿入歌を歌ったカバーミニアルバム「chouchou」をリリース。

ミュージックステーションに出演したり、ワンマンライブを開催するなど、歌手活動も本格的です。

兄弟はいる?

多彩な上白石萌音さんですが、妹が1人います。

妹は女優の上白石萌歌さんです。

萌歌さんは、姉の萌音さんと同じ第7回東宝シンデレラオーディションを受けました。

萌音さんは審査員特別賞を受賞しましたが、萌歌さんは当時最年少グランプリに輝きました。

2人は HOME MADE 家族の「スターとライン」のMVで共演しています。

また映画「羊と鋼の森」で、映画初共演もしています。

View this post on Instagram

ハナ、カム、フタリ

A post shared by 上白石萌歌 (@moka____k) on

姉妹揃って美人ですね。

また2人とも仲も良さそうです。

妹の萌歌さんは、萌音さんよりも身長が高く、ファッション雑誌「ピチレモン」の専属モデルとして活動していたこともありました。

姉妹でこれだけ活躍できるなんて、両親も相当嬉しいでしょう。

両親は?

View this post on Instagram

妹がインスタ始めました!

A post shared by 上白石 萌音 (@mone_kamishiraishi) on

萌音さんの父は社会科の教師で、母は元音楽教師で今はピアノの先生なのだそうです。

父親がメキシコの日本人学校で日本語を教えていたこともあり、萌音さんは小学校3年生から5年生の間メキシコで生活していました。

街中に音楽や踊りがあふれていて、その時の経験が、現在の萌音さんに大きな影響を与えているようです。

また、母が元音楽教師ということもあって、ずっと音楽のある環境で育ちました。

「萌音」という名前も「音楽が好きになってほしい」という理由で名付けられました。

音楽に囲まれて育った萌音さんは、小学校1年生の時から、ミュージカルスクールに通い始めました。

そんな萌音さんは、ミュージカルから映画まで、幅広く活躍する女優を目指しています。

実際に、ミュージカル「赤毛のアン」で主演を務めるなど、素晴らしい活躍です。

英語力はすごい?

萌音さんは中学生の頃から仕事をしていました。

当時は仕事のたびに、鹿児島と東京を往復する生活を送っていました。

高校進学を機に、上京することになりました。

高校は実践学園高校に通っていたとされています。

萌音さんは高校へ通いながら、仕事も続けました。

そして高校を卒業後、明治大学国際日本学部に進学。

この学部は特に英語教育に力を入れています。

メキシコで生活していたこともある萌音さんは、スペイン語検定6級の資格を持っています。

スペイン語の他に、英語検定2級の資格を持っていて、大学でも英語教育に励んでいるので、結構な英語力なのではないでしょうか。

そこで、萌音さんが英語で歌う動画を見つけました。

歌唱力はもちろんですが、英語の発音が素晴らしいです。

英語ができるとなると、海外でも活躍できそうですね。

将来が楽しみです。

Sponsored Links
Sponsored Links

演技の評価は?

映画「舞妓はレディ」で主人公を演じた萌音さんは、監督を務めた周防正行さんから「平成のオードリー・ヘップバーン」と称されました。

そして、「舞妓はレディ」で、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

他にも、第26回山路ふみ子新人女優賞、第19回日本インターネット映画大賞の日本映画部門ニューフェイスブレイク賞・ベストインパクト賞、などを受賞しました。

声優としても「君の名は。」で、第11回声優アワードで主演女優賞を獲得しました。

女優としては良い評価ですね。

萌音さんは演技力もさることながら、歌唱力も優れています。


アカペラでここまで歌えるのは素晴らしいですね。

これだけ多彩だと、活動の幅も広がり、色々な場面で萌音さんを見ることができますね。

まとめ

歌も歌えて、演技力も文句なしですので、ミュージカルでも映画でも間違いなく活躍できるでしょう。

さらに英語力もあるので、日本だけでなく、海外でも活躍できるかもしれません。

まだ20歳の現役大学生で、可能性は限りなくあります。

これからの活躍が楽しみですね。

また妹の萌歌さんも女優として活動しています。

気になる方は、萌音さんだけでなく、萌歌さんにも注目してみてください。

姉妹の活躍に期待しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)